「サイトに関する感想」−「信仰を捨て組織を捨てた者です」

(6-19-04)

初めてお便りします。

わたしは2世として25歳までかなり熱心な証人の2世として育てられました。
様々な組織上の矛盾を感じ、現在は信仰を捨て組織を捨てた者です。
(排斥はされておりません。また経歴を書くとほぼ個人を特定される恐れがあるため
書きません。)

現在30代前半で、幸せな家庭生活を送っていますが、子供の頃より親から教えこまれた
様々な教義を今になって冷静な気持ちで思い出し、何が間違っていて何が正しかったのか
個人的に見つめ直しています。
そのような中でエホバの証人による児童虐待の情報を
このサイトで見ました。また、組織内にいた頃に名前をよく聞いた織田正太郎氏の
死因をこのサイトで目にしました。正直、自分が心底信じてい組織・教義に関して
事実を突きつけられ、非常に困惑しているとともに、
実際、組織内に何が起こって、何が事実なのか知りたい気持ちでいっぱいです。

もし何か情報等があれば、ぜひサイトでアップデートしてください、
また、いわゆる「2世」と呼ばれてた同じように信仰を信じていたにも係わらず
その後、自分の教えられた信仰と現実のギャップに耐え切られず、
人口を捨てたコミュニティ・情報・サイト等があれば、言語を問わずう教えてくださ
い。

以上。

《編集者より》
信仰を捨て組織を捨てたあなたが、この時点で組織内のことをそれだけ知りたいのは何故なのでしょうか。この組織はあなたにとってはもう関係のない存在であるのに、あなたがそれだけ気にしている理由がこの文面からはわかりません。私には興味がありますので、よかったら次回にでも教えて下さい。いずれにしても、このサイトの目的はあなたが気になっているような情報を提供することです。また、読者の投書の中に多くの貴重な情報が含まれていますので、是非これらを見るようにして下さい。