ものみの塔協会、異例の報道発表でブルガリアでの輸血に関する方針の変更を否定

4月22日のニュースでお知らせしたように、ものみの塔協会はヨーロッパ人権擁護委員会の仲介でブルガリア政府との間に、宗教公認の調停を行いましたが、その中には明らかに今までの輸血禁止の方針とは異なる約束がうたわれていました。すなわちものみの塔協会側は、エホバの証人が輸血を受けるか受けないかは自由選択であり、協会は統制や処罰は行わないと、法的文書の中で明言しました。

この契約は世界中のエホバの証人に関心を寄せる人々の大きな関心を呼び、この2週間というもの、世界中のエホバの証人の間で議論を引き起こしてきました。このような予期しない大きな波紋に、ものみの塔協会側も沈黙を守れなかったようです。4月27日付けでニューヨークのものみの塔協会の広報室は、報道機関に対し、簡単ではあるが、はっきりと「教義の変更はない」ことを確認する発表を行いました。以下はその原文そのままのコピーです。

--------------------------------------------------------------------
                 WATCH TOWER BIBLE & TRACT SOCIETY
                      PUBLIC AFFAIRS OFFICE
                       25 Columbia Heights
                       BROOKLYN, NY 11ZO1

          Phone:(718) 560-5600         Fax:(718) 560-5619


 For Immediate Release                         April 27, 1998


   BULGARIA TO RECOGNIZE JEHOVAH'S WITNESSES AS A RELIGION:
EUROPEAN COMMISSION OF HUMAN RIGHTS ACCEPTS AMICABLE  SETTLEMENT

On March 9, 1997, the European Commission of Human Rights
decided to accept the amicable settlement agreed to by the
Government of Bulgaria and the Christian Association of Jehovah's
Witnesses (Khristianski Sdruzhenie "Svideteli nu Iehova"). Word of
this decision reached the attorneys for the Witnesses on March 20,
1998.

Bulgaria has agreed to grant the Christian Association of Jehovah's
Witnesses recognition as a religion. Bulgaria also agreed to create
without delay a bill that will allow alternative civilian service for those
whose conscience will not allow them to engage in military service.
The agreement also includes an acknowledgment that each
individual has the freedom to choose the type of medical treatment
he receives. With the amicable settlement, the Witnesses agreed to
withdraw their complaint against Bulgaria. (Italics ours)

Jehovah's Witnesses are pleased that, through open communication,
an amicable settlement was made between the Christian Association
of Jehovah's Witnesses and the Government of Bulgaria. The terms
of the agreement do not reflect a change in the doctrine of
Jehovah's Witnesses. Rather, the agreement reflects an increased
understanding of the concerns and actions of both parties.

The complaint before the Commission came because, on June 28,
1994, the Bulgarian Council of Ministers refused to renew the
Association's registration as a religion. Following this decision,
"various measures were taken against the activities of [Jehovah's
Witnesses] and of its members. These included arrests, dispersal of
meetings held in public and private locations and confiscation of
religious materials," according to the Commission report.

"The more than 2,000 associated with Jehovah's Witnesses in
Bulgaria feel confident that this agreement will allow them the
freedom to practice their religion in Bulgaria," said Alain Garay, one
of the attorneys for the Witnesses. "Not only is this a step forward
for religious freedom in Bulgaria but it sets an example for religious
freedom in all states with membership in the Council of Europe."

Jehovah's Witnesses, an international Christian brotherhood, number
some five million worldwide. Presently, over 85,000 congregations,
in some 230 lands, operate in conjunction with 104 branch offices.
--------------------------------------------------------------------

この公式の報道発表により、ものみの塔協会は自ら抜け道のない穴蔵に入りこんだ感があります。

われわれは、現在ヨーロッパ人権委員会から直接、調停の原文のコピーを入手しつつありますが、法的に公開された文書の中で「エホバの証人が輸血を受けるか受けないかは自由選択であり、協会は統制や処罰は行わない」と明言する一方で、協会はこのような報道発表で教義の変更がないと全く矛盾する発表をしたわけで、ものみの塔協会が法的な追求を免れることは困難な状況になったと思われます。

今後の可能性はいくつかあるでしょう。ブルガリアあるいは他の国ののエホバの証人が公然と輸血を受けても、協会はそれを無視して排斥処分にしない場合で、これは「建前上」「教義の変更はない」と公言しながら、実質的に教義をなし崩しにしていくやり方です。しかし、この場合、国際法の弁護士が介入した場合、この規則は少なくともヨーロッパ加盟各国に適応される可能性があり、「教義の変更がない」のであれば、過去にヨーロッパの国々で、輸血を受けたことにより排斥された元エホバの証人が、集団訴訟を起こす可能性をはらんでいます。すなわち、過去においても輸血が「自由選択」であったのなら、過去に排斥処分になった元エホバの証人は、当時において不当な扱いを受けたことになるからです。

一方、ものみの塔協会は声明で述べたように、全く「教義の変更はない」として以前と同様に、自己の意志で輸血を受けそれを「悔い改めない」証人を排斥し続けていく場合が考えられます。しかし、これは明らかなヨーロッパ人権委員会との契約の不履行にあたり、この場合には更に強力な法的追求を免れないでしょう。

いずれにしても、ものみの塔協会は意外な展開の中で「墓穴を掘った」感があり、世界中の批判勢力は訴訟運動も含めて、ものみの塔協会の追求と弾劾を強化していく可能性があります。

(4/30/98)