長野県松川町増野の「エホバ反対運動」

長野県におけるエホバの証人反対運動に関する以下の文を「エホバの証人全国被害者の会」から送っていただきましたので、ここに掲載いたします。

「エホバ反対運動」今年1年間の成果を振り返って
(松川町増野エホバ対策委員会)

1998.12  「エホバの証人」(ものみの塔)に対する増野部落の告発・反対運動が始められてから1年半が過ぎようとしています。今、原点に立ち返り、何故、私達増野部落が、彼らの告発と反対運動を開始したのか、どうしてこれを継続していかなくてはならないのか、そして彼らのどこに問題点があるのかを再確認してみる必要があると思います。

 [1]今年の告発・反対運動の経過と成果
 今年(平成9年)の1年間における増野部落のエホバ告発・反対運動の成果は、下記の通り極めて大きなものがあったと思います。

1) 対策委員会の設置と部落を上げての反対運動の実施
  部落の年次総会により今年も増野部落として反対運動を展開することが決議され、増野部落長を委員長とする増野エホバ対策委員会が設置されました。同時に対策委員会内に事務局を設置し、各種活動実務等は事務局を中心として活動が展開されました。
  また、後記通り、部落全戸からの参加による2回の一斉行動が実施されステッカーの一斉配布が展開、街頭宣伝活動も隣組毎に実施される等、部落を上げての反対運動を展開することが出来ました。

2)反対運動の地域的展開への移行
  昨年の建設強行時以降、現地「王国会館」前での啓蒙・抗議活動を一部有志等により継続実施してきましたが、マインドコントロールにより外部者の言うことには反射的に心を遮断するようになってしまっている彼らに対して語りかけるよりも、これ以上、彼らのような被害者を松川町や近隣町村等から出すことの無いように地域の人々に彼らの実態を知って頂き警戒してもらうようにと、周辺地域への啓蒙活動に重点を移行いたしました。但し、彼らに対する増野部落の抗議の意志が今も途切れていないことを彼らに自覚させるために、現地での啓蒙・抗議活動も事務局有志等を中心として不定期的に継続実施してきました。

3)「エホバの証人・訪問お断り」ステッカーの作成・配布、街頭宣伝活動の実施。
  増野以外の皆さんからの「エホバの証人がしつこく訪問してきて困る」という苦情に対処し、かつ「エホバの証人」による社会的被害の拡大を食い止めることを目的として、今春より「エホバの証人・訪問お断り」ステッカーを2回にわたり計1万枚を自費作成し、近隣地域への無料配布を実施いたしました。日常的な配布活動に加えて春と夏の2回、全戸参加による統一行動日を実施、各回とも部落中より50名前後の皆さんに御参加頂き、松川町内外へのステッカーの一斉配布を実践いたしました。このステッカーについては地域住民の多くの皆さんから「いいものを作ってくれたと感激の声が届いており、地域差はあるものの地域によってはかなりの軒数に張り出されています。現在も「うちの地域にも配ってくれないか」等の依頼が増野事務局へ届いており、有志等により引き続き近隣町村等への配布を進めております。このステッカーは長野県飯田市下伊那郡地域一円にも配布されつつあり、また全国各地からの問い合わせも来、既に他県等でも同様のステッカーの配布が始まっています。エホバ側でも訪問に際しては「ステッカーが張ってないかどうか」の確認にかなり神経を使っているようであり、大きな成果を上げていることは確実です。

4)街頭宣伝活動の実施。
 地域の人々に「エホバの証人」の危険性、実態を知って戴くくために、今年初めより街頭宣伝車による街頭宣伝活動を開始いたしました。隣組単位にて2人1組となって農繁期等を除きほぼ毎週実施、既に3巡目が終わり近く、実施回数は有志による実践も含めると約30回を数えます。松川町内はもとより近隣町村内もくまなく回っており、「うちの地域にももっと回って釆てほしい」という声や、松川会衆のエリア外の町村からも「うちの町(村)にも来てほしい」という要望まで届いています。

5)増野の反対運動の全国的な波及効果、各地での王国会館建設中止など
 増野の地区全戸を上げての告発反対運動は全国的にも先駆けたものであり、増野の運動に力付けられた地域運動が全国各地で展開されました。我々が今年になって報告を受けているだけでも京都市右京区、・千葉県船橋市にて地元住民による「王国会館」建設反対運動が成功し、「王国会館」建設を白紙撤回させました。これを思うと、地元住民総意による反対運動を無視して強引に「王国会館」の建設を強行した「松川会衆」の反社会性、非協調性、強引さが際立ちます。増野の反対運動は全国の反対運動に影響と勇気を与え、増野での建設阻止こそできなかったものの、その反対運動は全国的に影響を与えるという形で大きな成果をあげています。この増野の反対運動については9月13日に東京都内で開催された「エホバの証人による被害者・全国集会」でも増野事務局より経過報告等がなされ多くの激励を受けました。

(1/23/98)