エホバの証人を家族に持つ元エホバの証人の学生の方(日本人)より

(10-13-96)。

I read your home page with great interest.
My Parents, my younger brother and my sister believe in this religion.
Happly I myself and one my younger bother managed to get out of this
insane group.

I am a courage student majouring in linguistics .
Since at this time, my computer has something wrong and cannot write in
japanese, I am writing this letter in English.
Sorry for my poor English.

It is very difficult to discuss "what is right though the eyes of God,
or according to the Bible?" with them.
They are so obstinate and have no ear.
I can understand your problem very well
Five years passed since I could awake from "mind control".
But my parents are still very firm in their opinion and keep sending me
"WATCH TOWER" and "AWAKE'.
For my parents, I have completely given up. It is almost impossible to
change their belief. But I am anxious for my brother and sister.
They are still young, only13 and 11 years old. I hope they will be able
to think and act for themselves in the future.

(後略)

《編集者より》
私のエホバの証人である長女が linguistics (言語学)を専攻したいと言っております。そしてAさんとちょうど反対に私は 自分の娘を変えることに、ほとんどあきらめを感じております。何か共通するものを感じました。私はこの宗教は決してなく なることはないし、きっとある人にとっては、このような欺瞞的宗教でも、すがりつく必要があるのではないかと思っていま す。ちょうどアルコールや麻薬中毒者が教育によって、ある程度予防はできますが、決してこの世の中からなくなることがない のと同じだと思います。私は予防されるべき人々が私のこのような活動で予防され、間違ってこの宗教に迷い込んだ人が間違 いに気付いて出て来られれば、それで私のやるべきことは達成されたと思っております。何が何でも欺瞞にしがみつく人々、私 の娘やあなたの両親のような人々は、ある意味ではそっとしておくしかないのかも知れません。何よりも大事なことは、お互 いの意思の疎通を保つことでしょう。変な言い方ですがご両親を大事にして下さい。私もなんとか娘とコミュニケーションを 保っております。コンピューターが修理できたら、どうかまた日本語で投書して下さい。