エホバの証人を友人に持つ方からの感想

(8-6-98)

ハレルヤ!主の御名を賛美します。

初めてこちらのホームページを読ませていただきました。
今、会社からアクセスしているので全部に目を通してはいませんが、少し呼んだ
だけでもエホバの証人の方々へ愛をもってこのページに取り組んでいることがひ
しひしと感じられました。

私は今大学を卒業して4年目ですが、大学時代の友人で信者の人がいて、時々話
をしたり、時間があれば食事をしたりと、交わりを持っています。
彼の家族は、両親はもちろん妹弟ともみんな信者です。
彼は卒業後2年間公認会計士の勉強をしていましたが、3年目にしてあきらめ、
組織のもつ出版社へ就職しました。平日は3日仕事、残りは伝道、勉強会その他
の奉仕です。
半分献身者ともいえる彼ですが、神様を知識では知っていても経験としては知り
ません。
「救いへの確信というものもない」と言っっていたこともありました。

私自身が彼を接点を持っていても、直接伝道しようとするときに、私もどうして
も自分の知識によって話してしまったりするので、祈って神様に委ねつつ、歩ん
でいます。

彼や他の信者の方、一人でも多くの方がこのホームページを自ら開いてくれて、
本当の救いに導かれるよう祈っています。

なんか脈絡のない文章で申し訳ありませんが、ひとまず感想の報告まで。

これからもこのような取り組みが用いられるようお祈りしてます。

《編集者より》
激励のお言葉ありがとうございます。一人でもこのウェブサイトを利用して役立てて下されば、他に望むことはありません。今後も少しずつ充実させていきますのでよろしく。