社会心理学の研究者でクリスチャンの方より

(7-2-97)

村本治 様

 初めまして。
**と申します。教会のクリスチャンです。
村本さんのウェブサイトをいつも拝見しています。
1年前に、英語のページしかなかったころ、
このサイトを発見したときには、大変うれしく、
また励まされ、具体的な参考にもなりました。

 今、私と妻のそれぞれが、
エホバの証人の人たちと、聖書研究会をしています。
何とか、本当の福音を伝えられればと願っています。
資料もいろいろそろえ、去年の夏には、
東京で開かれた被害者の会にも出席しました。
もちろん、私がこのような活動に加わっていることは
彼らには秘密です。

 以前にも証人の方と関わったことがあります。
伝えるべきことは伝えたのですが、
結局、救出には失敗しました。
前回、今回と関わる中で、
知的な準備の難しさも感じますが、
同時に、彼らを本当に愛することの難しさを
感じています。

 私は、社会心理学を専門とする研究者なのですが、
この問題に関心を持つ前にも、
統一教会のマインドコントロールに関心を持ち
共著で書いた心理学の教科書にも、
少しだけですが、マインドコントロールのことを書きました。
その後、エホバの証人の実態についても知りました。
この本は、いま関わっている証人の方にも差し上げましたが、
素直に受け取って下さいました。

 クリスチャンとしても、研究者としても、
何かをしなくてはいけないと感じています。
そのひとつとして、
私もホームページを開きました。

  「エホバの証人とお散歩(会話と理解のために)」

http://www2.n-seiryo.ac.jp/TEACHER/usui/jw/index.html

「エホバの証人情報センター」と
「エホバの証人と血の教え」にも
 リンクをはらせていただきました。

奥様とお嬢さんのためにも、お祈りしています。
長いメールにて、失礼いたしました。

《編集者より》
お便りありがとうございました。そちらのページにもリンクをはらせていただきました(日本語の情報源のページをご覧下さい)。