元研究生からの長老への手紙と、長老からの返事

(3-18-99)

私は以前に「インターネットで事実を知って」で投稿させていただいた者です。
その後、お世話になった姉妹に事実を知らせるべく資料をプリントして2回
郵便受けにいれて返事を待ちましたが、考えが甘かったようで返事はいただけません
でした。
恐らく背教者の文書として廃棄されたのでしょう。
下記の手紙は私が昨年の夏までいた会衆の長老へ送った手紙です。
正直言って長老兄弟から返事は期待していなかったのですが、手紙が届いたので私の
送った質問と
長老の手紙をお知らせします。(残念ながら質問には答えていただけませんでした)

****会衆  ####長老兄弟へ
暖かい日が多くなり過ごしやすくなりました。
長い間ご無沙汰いたしておりますが、##兄弟をはじめ会衆の皆さんはお元気です
か。
大変申し訳ないのですが下記の事柄について疑問がありますので
教えていただければ有り難く思います。
@輸血についてA西暦前607年についてB安芸教授の地震に関する文書の引用につ
いて
(@〜Bの詳細は村本さんもよくご存じと思いますのでここでは省略させていただき
ます。)

お忙しいでしょうが以上の@〜Bの質問にお答え頂ければ有り難く思います。

「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。
 それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
 行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」
                    エフェソス2章8〜9節

「キリストは自由を得させるために、私たちを解放して下さいました。
ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを
負わせられないようにしなさい。」     ガラテヤ5章1節

ご健康にはくれぐれもお気をつけください。##兄弟と会衆の皆さんの上に、
聖書の神様からの豊かな祝福と慰めがありますように。
                ’99年2月17日( WED) 元研究生 %%%%
----------------------------------------------------------------------------
-
%%さんへ
気温の変化が激しいため体調を壊しておられる方が多いようですがいかがお過ごしで
しょうか。
王国会館においでにならなくなってからかなりの月日がたっていますがお元気でしょ
うか。
これまで何度もお訪ねしていましたがお留守であったためお会いできませんでした。
今回もお会いできなくて残念です。またいつの日かお会いできる時があるかも知れま
せん。

「主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。すべての者の神また父は一つであ
り、すべての上に
すべてを通し、すべての中におられるのです。」

「聖書全体は神の霊感を受けたもので教え、戒め、物事を正し、義にそって訓育する
のに有益です 」

「主人が時に応じてその召使いたちに食物を与えさせるため、彼らの上に任命した忠
実で思慮深い奴隷は
いったいだれでしょうか。主人が到着して、そうしているところを見るならば、その
奴隷は幸いです。
あなた方に真実に言いますが、主人は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさど
らせるでしょう」

「惑わされてはなりません。悪い交わりは有益な習慣を損なうのです」

「その人たちの間にあって、この事物の体制の神が不信者の思いをくらまし、神の像
であるキリストについての
栄光ある良いたよりの光明が輝きわたらないようにしているのです」

「何が主に受け入れられるのかを絶えず確かめなさい。
何がエホバのご意志であるかを見分けてゆきなさい」    
         ##

《編集者より》
興味ある長老の返事を見せてくださり、有り難うございます。この返事を見ると、エホバの証人の典型的な思考パターンがわかります。自分の頭で考えても答えられない質問は、答えずにただ「クリスチャンは何が何でも一致しなければならない」(第一の引用)、「一致するためには聖書のみに依存すること」(第二の引用)、そして「聖書に答えが見つからない時は聖書でなく『忠実で思慮深い奴隷』(すなわちものみの塔協会の指導部)にのみ依存すること」(第三の引用)、の三段階の議論で自分の頭脳による思考判断を完全に閉鎖しているこの長老の思考パターンがありありと見えます。残りの引用は全て、「自我に目覚めること」に対する強力な訓戒として使われています。

問題は、現在の実生活の中で聖書に具体的な回答が見出される問題はほとんどありませんから(輸血、現代の地震のパターンなど)、この長老のメッセージを一般人にわかる日本語に訳せば、「全ての思考判断をものみの塔協会の指導部にのみあずけて、自分の思考判断をストップさせ、世間の言うことは悪い交わりとして目も耳も心も閉ざしなさい」というメッセージになるでしょう。エホバの証人の思考パターンを何とも簡潔に表した手紙として大変興味を持ちました。