「AEです」

(11-28-04)

いくつもの投稿に返事をいただきましてありがとうございました。
アフターケアは、出来る限りは努力していくつもりです。
 
あの質問には、核心を突いたものも、既に答えが用意されているものも、ショックを受け
させるものもあることは分かっていました。もちろんそこまで研究した結果です。
 
むしろ、わざと混ぜたとも言えます。どれほどの矛盾や真実があり、それをうまく説明さ
せているかを知らせたかったからです。
 
この方法は彼女が排斥中だからこその技でもあります。
いくら要注意と思われていても、排斥者のために何も出来ないのは知っていますからね。
 
彼女自体はふっきれてうまく仕事を始めたようです。彼女はそういう性格です。
それより親の問題のほうが重大ですね。
 
僕の作戦はいつも「トロイの木馬」です。
外からいくら言ったところで、余計にカラにこもりますしね。
というわけで、あの質問を親たちにも見せたし、ベテルにも送り付けました。
実際のJWの問題としてどうかんがえるか?とある意味脅迫めいた投書を何通もしてありま
す。
 
無責任で中途半端に終わらすつもりはありませんしね。
極端に言えば、訴えられたり、暗殺されたりするのを覚悟するくらいに開き直って言わな
いと効果はないと思うからです。
JW側は変なもめ事で世間からの評価が下がるのを確実に恐れていますからね。終末思想は
そろそろENDにしちゃいます。
 
僕は一度死んだ身。怖いもの知らずですからね。(^^♪
 
こんな感じです。まぁ彼女と別れた今後は、今までほど過激ではないですがね。
けれど、僕が思うのは、本当にJW対策を考えるならば、甘ったれたやりかたでは無理です。
 
毒蛇にかまれたら、腕を切り離さなければ治らない場合があるでしょう?それくらいの痛
みに耐えなければ、治らないものもあります。
 
僕は多くの心の問題は、ショック療法しかないとかんがえています。
 
差別などと同じです。本当に治したければ、宗教や社会主義や過去の教えを無くせばいい
だけだからです。
産まれたばかりの赤ん坊は、差別も宗教も何も知りません。そう考えれば、「毒」が何か
はすぐ分かるし、毒を断つのが一番良いと思うからです。
なんか今の世界は、「医者が仕事がなくなったら嫌だから、完全には治していない」とい
うような状態に思えてなりません。
 
どうでしょうか?僕は彼女と出会ってJWを深く知ったわけですが、出会っていなくても、
JWのようなものを無くすのが夢でもあった(特に2世)のです。
だからこんなに本気なのかもしれません。
 
僕は緩和ではなく完治を目指して頑張るつもりです。
 
長々とすいませんでした。偉そうなことを言ってもうしわけないです。この投書は公開し
なくて結構です。
 
もうほとんど決着はついているのですが、作戦の意図について話しておきたくて・・・
 
ここまで何度も相談させてもらっておいて、匿名で話すのはとても失礼でもありますので、
最後に正体を明かしたいと思います。
 
僕は教職と心理学に加えて、作家を目指している学生です。名前は****といいます。
彼女が##と言う名前だったのでAEとしていました。
 
HPがあるので、ぜひ一度見に来てもらえたら嬉しいです。まだまだ若造ですが、これから
まだまだ上っていくつもりですので、応援してください。
 
現在はJWとの恋愛の話を執筆しています。宗教をそのまま捉えるのではなくて、恋などの
面から捉えて伝えていけば、きっと多くの人の心に
訴えかけれると僕は信じています。
HPは下です
 
http://k.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/AKI/
 
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=sunrise_history
 
どうもありがとうございました。機会があれば、来春のデビュー作も読んでいただけたら
と存じます。

《編集者より》
今後のご活躍を期待いたします。ただ、宗教やカルトをこの世からなくすことは出来ないと思います。もちろん遠い未来のことは分かりませんが、少なくとも今後数百年の間は、同じ様な宗教問題は続くのではないか、と私は予想しています。長い時間をかけて、人々が宗教の問題を認識し、宗教に代わり得る心の支えを見つけるまでは、宗教は人間の精神活動の中核となり続けると、私は思います。