「『エホバの証人と精神疾患』について 2」−T

(11-24-04)

先日、「エホバの証人と精神疾患」についての感想を送った者です。続きとして、村
本さんが「エホバの証人の多くに共通している性格」として挙げているものについ
て、私なりの意見を書かせてください。

現実逃避と楽園志向

村本さんは、「エホバの証人になる人は恐怖症の傾向があり、そのため楽園の希望に
現実逃避する」としています。では彼らは他の”ご利益信仰”にも「簡単に惹かれて
しまう」のでしょうか?死後の「天」や将来の「楽園」ではなく、今この現世でのご
利益(ガンなどの病気が治る、事故から守られるなど)をうたった宗教は他に無数に
あります。

エホバの証人はむしろ、この世の事物の体制のもとにあっては、病気や予見し得ない
出来事はすべての者に臨むとして覚悟しています。また楽園の希望を持っているた
め、不必要に「今の幸福」に執着してもがき苦しんだりしません。ですからエホバの
証人に「(病気や事故に遭う)可能性が常に頭から離れず、恐怖心に支配されながら
生きている」傾向があるとは、特に言えないでしょう。

「楽園の希望」を持つこと自体、現実逃避であり弱さだとするなら、同じことは天国
を信じる伝統的なキリスト教徒や、宗教全体にも言えることではないでしょうか。

被暗示性

また村本さんは、エホバの証人になる人は「簡単に信じやすく」「「にせもの」に
ひっかかりやすい傾向がある」と言います。これが偏見ではなく事実だと主張するに
は、単にあなたが嫌っているものみの塔の教理を彼らが信じているということだけで
なく、例えばエホバの証人が生涯を通じて様々な種類の詐欺にあう確立が高い事など
を統計的に示す必要があります。

ところで村本さんはクリスチャンだそうですが、入信に至った理由を第三者に説明で
きますか?村本さんは納得しないにしても、多くのエホバの証人はなぜ自分が「真
理」を信じるようになったのかを、仏教徒の日本人にも筋道をたてて説明することが
できるでしょう。ある宗派のように”信仰治療”を見てあっと言う間に信じたわけで
も、また1世に限って言えば、属する文化や家庭環境がそうだったから自動的に信じ
たわけでもありません。

硬直思考

村本さんは、エホバの証人は「頑固」で「柔軟性がなく」、「社会一般を蔑視して生
きていくにはこのような性格がなければやっていけない」「それは分裂気質に近似し
ている」と言います。村本さんが価値を見出さない主義思想を貫く人は、みな「分裂
気質」とになってしまうのでしょうか?

彼らが本当に頑固で柔軟性のない人なら、そもそも家を訪問してきた伝道者の証言に
偏見を持たずに耳を傾け、外からの新しい情報や生き方や価値観を受け入れたりはし
ないと思うのですが。独断と偏見に満ちた村本さんの考えの方が、よっぽど硬直して
いるように見えます。

妄想傾向

「エホバの証人は…曖昧なものを根拠も薄いのに確実なものとして信じる傾向があり
ます」とありますが、むしろエホバの証人は、そのような根拠のない迷信じみたもの
を否認しています。アメリカにはUFOを信じる証人が多いとのことですが、村本さ
んこそそのような根拠に乏しいうわさ話を簡単に信じたりはしていませんか?UFO
を扱った目ざめよ誌は否定的でしたし、むしろエホバの証人は、世の人が気にする
「仏滅」「13日の金曜日」「北枕」「4」「おみくじ」「朝の星占い」「血液型選手
権」などを根拠のないものとして、気にせずに生きています。

何かの機会で出された「ひなあられ」や「豆まきの豆」「クリスマスケーキ」を食物
として普通に食するエホバの証人は多くいます。十字架のファッションなどは、確か
にエホバの証人は避けるでしょう。エホバの証人はその教義上、キリスト教世界を
「血に酔った娼婦」「大いなるバビロン」と否定しているのですから、そのシンボル
マークを避けたいと思うのは自然なことではないでしょうか。村本さんさんはナチス
の鍵十字マークが入ったTシャツをファッションとして着れますか?私は着たくあり
ませんし、またそういうことが「妄想的」というのとは違うと思います。

被害者意識

エホバの証人は世から孤立しがちで、非迫害者意識を強めていき、それが増長して妄
想型分裂病に発展する恐れがあるとありますが、なんだか必要以上に大げさで現実離
れした悲観的予測に聞こえます。よく電車の週刊誌広告にある「北朝鮮侵攻最悪シナ
リオ」などといった、売り上げを伸ばすために不安必要以上に不安をあおったオー
バーなキャッチコピーと同じ類です。村本さんこそ妄想的ではないでしょうか?

まとめ

村本さんの記事は一見、科学的な分析風に書かれていますが、実は単なる差別・偏見
・悪口でしかありません。指摘の多くは、別にエホバの証人に限って言えることでは
なかったり、エホバの証人のある一面だけを極端に取り上げ「エホバは分裂気質」
「悪」と決め付ける独断的なものです。

村本さんこそ、曖昧なものをそのまま受け入れられず、白か黒か、光か闇か、敵か見
方かという、二つの次元にはっきりと区別しないと気がすまないsplittingの状態で
はないでしょうか?

匿名希望

《編集者より》
これも、この一週間の間に5つの投書を立て続けに送ってきたTさんからのものです。

現実逃避と楽園志向についてですが、これはエホバの証人全体としての一つの傾向を取り上げたもので、それだけで全てを説明する積りはありません。また個々のエホバの証人で当てはまらない人がいることは当然で、これは以下の全ての議論に通じることです。宗教のある部分が現実逃避の手段であることは、別に私が言い出したことではなく、古くから宗教学者、人類学者の間で広く認められている見解です。

被暗示性については、あなたの第一の投書の方に書きました。またエホバの証人に関しての心理学的なデータですが、これは私だけでなく、多くの心理学者や精神学者がすでにエホバの証人の心理状態について調査研究をしようとしましたが、ことごとく、ブルックリン本部からの指示で禁止されてきました。従ってデータを取れない状況を作り上げておいて、データがないから信じられないというのは、目撃者を殺しておいて、目撃者がいないから無実だと言い張る犯罪人と同じ論理でしょう。データがない以上、だれも断定的なことは言えませんが、経験に基づいた印象として意見を述べることは、医学界では一般に行なわれることです。

分裂気質ですが、ここでは専門的になるので取り上げませんが、はっきりした診断基準があり、私の意見に会うか合わないかの問題ではありません。これは専門的な理解がないと分からないことかもしれませんが。 妄想傾向も同じ事が言えます。あなたの批判は個人個人で違うことを強調していますが、エホバの証人の中にも多くの例外があることを私は否定しません。ちなみに、十字架のファッションさえ避けないエホバの証人もいる反面、キリスト教会やクリスマスツリーには何か悪霊がついていると感じて近寄れないエホバの証人も多くいます。個々の例を取り上げればきりがありません。

結論として、あなたははっきりとした反対意見を持っていることは分かりましたが、もし私の意見が独断であるのであるのなら、あなたの意見もその域を出ていないでしょう。私は私として、最大限の誠意と良心に基づいて記事を書いていますが、それに賛成できないあなたのような人がいることは十分に承知しています。私はあなたに賛成してもらうために説得する積りはありません。今後、読者の方や医学関係者がこれを読み、エホバの証人の出版物や、証人の精神疾患患者に接する中で、その評価が決まると思います。これはほとんどの意見が最終的な評価を受ける道なのです。