「エホバの証人の彼女を妊娠」

(11-16-04)

題名でも書いたとおり妊娠させてしまいました。私は22歳男性です。就職できず家の
仕事を手伝っていますので、そんなに給料はもらっていません。このような状況なの
で出産して養育していく経済力がないのです。だから彼女の家族と私の家族を交えて
話し合いの場を持ち、堕胎の方向に持っていきたいのですが、彼女は「命が大事だか
ら堕胎はできないし、家族との話し合いもしない。それでも養育費は請求する。」と
いって聞きません。今後どうしていいかわかりません。差支えがなければアドバイス
などよろしくお願いします。

《編集者より》
これはエホバの証人問題よりもっと手前の、医療問題だと思います。エホバの証人問題と直接関係ないので、掲載を控えようかとも考えましたが、深刻な問題ですので一応取り上げました。彼女がどれだけ真剣なエホバの証人であるかは文面からはわかりませんが、一般的に言ってエホバの証人に堕胎を迫ることは不可能だと思います。ここは両方の家族が協力し合って子供の将来を第一にして育てていくしかありません。アメリカではこのような場合には、養子縁組を勧めており養子を求める人々は沢山いますので問題は少ないのですが、日本の場合にはむしろ家族関係がしっかりしていますので、本人同士以外に、その両親兄弟など家族をできるだけ動員して、子供をサポートするのが一番いいと私は思います。それがどうしても不可能であれば、もちろん養子に出すことも考える必要があるでしょう。