「家根谷から皆さんへ」

(11-8-04)

皆さん、いかがお過ごしですか?わたしは、埼玉県所沢市に住む家根谷(やねたに)です。
わたしは、レイモンド フランズ氏の良心の危機の日本語版校正をしました。現在、
Tawake Ministriesの活動をしています。エホバの証人を止めた方は、聖書を読むことも
止めてしまいます。残念です。Awake!(目ざめよ!)と似たタイトルのTawake!(白痴 音読
み はくち 訓読み たわけ)やアルバイト雑誌From A(Arbeit/アルバイト)と似たタイトル
のFrom J(Jehovah/エホバ)や石鹸のP(プロクター)&G(ギャンブル)と似たタイトルの
P(Praise賛美)&W(Worship礼拝)をJWILのホームページで発信しまいます。yahooでjwilと
入力してください。エホバの証人は、危険なカルトと同時に偽キリスト教です。ほかの羊
の大群集というエホバの証人の神学が一番危険な神学です。聖書は、144000人にあてられ
た本で、ほかの羊の大群集には、ありません、とのことです。だから、今のエホバの証人
は、聖書を読まないし、祈らないし、平均野
外奉仕時間も15時間から三分の二の10時間になっています。話はかわりますが、アトラン
タのレイモンド フランズ氏は、どうしていますか?ウィリアム ウッド師の埼玉県吉川市
の教会で再バフテスマをウッド師より受け、ウッド師の真理のみことば伝道協会の協力会
員しています。現役の長老のセクハラ(削除)、特別開拓者の強姦(排斥、結婚、手話会衆
への移転)さらに、主宰監督が王国奉仕の寄付を私物化し、排斥、妻は、元海老名ベテル
の奉仕者とかけおち。3人とも復帰を望み、王国会館に来ていますが、小さいいなかの会
衆で、ほとんどが身内、王国会館の4分の1は、排斥者。わたしも、愛知県半田市乙川会衆
の、元警視庁池袋警察署のA.Iや大韓民国ソウル市東部(とんぶー)会衆のS.Lにお金を貸し、
時効だから、返金義務がない、といいます。白痴(たわけ)は、カルト、マインドコントロ
ールという、カタカナより、適切と思いました。(PS.今まで、NTTドコモの携帯電話でし
たが、ボーダフォンに替え、全角で、2900文字まで英語日本語で、送受
信できます。ウッド師の1人娘はオレゴンで宣教師を訓練する学校にいます。)359-0021 
埼玉県所沢市東所沢3丁目7番地の12 コーポキャッスル 家根谷 一好 E-mail 
dulos_tu_theu@t.vodafone.ne.jp です。メールをお待ちください。

《編集者より》
家根谷さんは以前から実名、住所など全てを公表することを希望していますので、このように公表いたします。その後、家根谷さんの長年の心の病気の方はいかがですか。文面から察すると、大分エネルギーが出てきたようですね。今回の更新では多数の組織に忠実なエホバの証人が、このサイトの批判と攻撃に駆けつけてきましたので、これを機会に私の立場を明らかにしたいと思います。私は家根谷さんの発言には、一般に多くの誇張と過激な表現が入っていると思っております。例えば、「今のエホバの証人は、聖書を読まないし、祈らないし」という部分は、そういう人もいるかも知れませんが、原則は聖書の研究と祈りはエホバの証人の活動の重要な面であり、このような一般化は不可能であると思います。

レイモンドフランズは、高齢のためにそれに伴う病気と闘っています。最近、手術を受けましたが、その後は大変順調に経過しているそうです。