「エホバの証人のサイドビジネスなど」

(9-29-04)

村本様
いつも興味深く拝見させて頂いています。
そして、HPの管理・更新をいつもありがとうございます。

私のプロフィルは2世ですが、中学時代にエホバの証人の集会に行くのをやめまし
た。
今は両親、兄弟のうち一部がまだ信者として残っています。

最近、両親のことでいつも疑問に思っている事があるのです。
私は30代前半で既に結婚し、子供もいるのですが、
実家に帰ると、母からなにやら健康食品を勧められるのです。
それ程強烈にではありませんが、たとえば子供がどこか調子が悪いと言うと
「これ飲んだらすぐ治るわよ」という感じで帰る時には持たされています。
それが行く度に、品が違い、
聞けば、どれも良いんだろうけど高額な商品が多いのです。
その中の一つはアメリカでも有名なHA●Aです。
他に「ノニ」や、「βグルカン」、足裏に貼り付けるテープのようなもの、
ハーブ類の錠剤、健康的な調味料類、etcetc。
はっきり言って私が実家にいた頃、裕福とは言い難い状態でしたが、
今は、よくそんな高いものポンポン買えるお金あるよなぁ?という感じです。
しかも父親は不安定な収入です。
そこまでしてそれにのめりこんでいる理由は何なのかしら?と思います。
自分が信じているものは絶対で(エホバの証人にありがちな傾向)
このような自分が良いと思った健康食品でさえも、否定するとものすごい嫌な顔を
し、飲まなければあなたの健康は悪化(死ぬ)ぐらいの事を言われます。
でも逆にいやみですが、「エホバに頼っているんじゃないの?この健康食品に頼っているの?
例えこの世で死んでも貴方達エホバの証人は”復活”ができるんだから、この世で
の”延命”みたいな事にお金かけなくてもいいのに」と思った事もあります。

ある時、私の家のポストにチラシが入っていて、「あなたはこんな生活してみたくないですか?」
のような事が書いてあり、高級車に乗った写真や成功話がたくさん書いてあったのですが、
よく見るとそれがHA●Aのビジネスのチラシでした。
私はそれまで無知だったのですが、一瞬目を疑いました。
母は金銭を愛してはいけない、とうるさく言っていた割には、こんな生活したがってるのか?と。
本当はお金に興味があってあって仕方ないのでは?と。
(実際安く手に入れているようでしたので、絶対ビジネス会員だと確信したのです)
そう思いたくないのですが、
βグルカンもそういうビジネス会員になっているようですし、
口ではビジネス会員になった方が安く手に入れられるから、と言ってますが、
最近では、ビジネス会員向けのセミナーにも行ったようですし、
本人は気分転換とか、お父さんの健康の為(2,3度潰瘍を患っていますので)と言ってますが、、、
そして、母親の健康食品ビジネスの他に、最近父親は株を所有している事もわかりました。
終りがくるなら、株なんていらないはずなのに、どうして資産を増やそうとしているのか、
全くわかりません。
言ってる事とやってる事が矛盾しているような気がします。
この世の事を追い求めない事とか、お金はあるに越した事はないが、ありすぎたら良くないとか
私が小学、中学生の時よく言っていたのに・・・。
”先立つもの”が無いとやっぱりこの先不安なんでしょうか。
サイドビジネスに関してはエホバばかりやってて世間知らずだからこんなのにはまるんでしょうか。
はまるというか、ボスの姉妹から勧められて鵜呑みにしているような気もしますが。
エホバの証人の中でそういうサイドビジネスや株が流行る事は容易に想像できますし、
以前にもどこかで見たり(このHPだったかもしれません)したかもしれません。

お金を持っている事や、肩書き、資産など、ハルマゲドンが来るなら要らないはずなのに、
妙に執着している姿は滑稽でもあります。

人間誰しもそういう面を持っているかもしれませんが、
お金を持っている、とわかった時点で目の色変えるような人が、
「真理」を伝えていると言ってもなんだか信憑性に欠けるというものです。

いつも思っている事はたくさんあるのですが、
表現が下手で、十分にお伝えできませんが、
本当に最近どうしたものか、と肉親の事だけに考える事があります。

でもいつも言えばパニックになるので、しばらく怖くて言えないでいます。
いつも何か良い方法は無いかと思っているのですが・・。

またメールさせていただきますね。
村本様もご多忙とお察ししますので、お体を大切になさってください。
では

《編集者より》
エホバの証人の面白い点に注目した投書だと思います。これはエホバの証人の全部に当てはまることではありませんが、特に一世のエホバの証人、つまり自分の意志でこの宗教に入った人々には、「信じ込みやすい」(最近の日本語の表現では「はまりやすい」)性格の人が多くいるようです。実際、物事を分析的、批判的に見られる人は、この宗教の本質を簡単に見抜くことができますから、それが出来ずにこの宗教にのめりこんだ人の中に、宣伝を鵜呑みにして信じ込み、はまり込む人が多くいるのは当然でしょう。いつの世でも、いかがわしい健康法や健康器具、健康食品は後を絶ちませんが、エホバの証人がこのようなものに惹かれていくのはそれなりの理由があるのです。しかも、これは末端の信者だけではありません。組織の指導部自体が、いかがわしい健康法に関わってきた歴史があるのです。詳しくは「エホバの証人の医学・医療に関する教えの歴史」のページをご覧下さい。

もう一つの興味ある点は、エホバの証人のかなりの人々が、潜在的な物質欲を強く持っていることです。その理由は、ものみの塔協会が教える「地上の永遠の楽園」の姿です。ものみの塔協会の出版物でいつもおなじみですが、「地上の永遠の楽園」にあるのは物質的に満ち足りた楽園の姿なのです。そのような楽園を楽しみにしている人々が、物質的な欲望を満足するのに待ちきれずに、お金があれば貯金して将来に備えるよりは、どうせ「この世の体制」は終わりなのだから好きなことに使ってしまえという態度に出るのも当然でしょう。しかし、その一方で集会や奉仕で、まともに働くことも少なくなりますから、お金が足りません。サイドビジネスが盛んになるのも当然です。エホバの証人の間のサイドビジネスでは、ねずみ講式の会員を次々に増やして配当をもらうやり方の会員制の商売が、会衆を通じて手っ取り早く広げられることから、よく行なわれて来ました。

あなたとしては、ご両親のことが心配なのはよく分かります。まずは何よりも対話を絶やさずによい関係を保って、何でも気軽に話せる関係を再確立することが大事だと私は思います。