「疑問、苦悩が日々増していく家庭個別聖書研究」を投書された方へ

(8-13-04)

元エホバの証人という立場から助言させていただきます。
編集者も指摘されているとおり、貴方は大変危険な状態にあります。
相手の物腰の柔らかさに騙されこのまま研究を続けていけば、貴方の人生は間違いな
くだいなしになるでしょう。
何かを始めて精神的にまいった場合に普通はどうするでしょうか?
その原因となった活動をやめませんか?
一番良いのは貴方の研究を司会しているエホバの証人にもうこれ以上研究を続ける気
がないことをはっきりと伝えることです。
その際に貴方が変だと思っている事(例えば1914年の教義の欺瞞に気が付いてい
るならばその事)を伝えれば理由が明確になりいっそう効果的でしょう。
それにエホバの証人の中には会衆で出世するために熱心に家庭個別聖書研究をする人
もいますからそのために利用されないように要注意です。

私も学生時代にエホバの証人と出会い研究を始めました。
以前から聖書には関心があり、精神生活の糧になればと思ったからです。
キリスト教に関しては旧教と新教の区別があるくらいしか知らず、同じキリスト教な
らどれも似たり寄ったりだろうと思っていました。
しかしこれがとんでもない思い違いであることは後で判明しました。
そもそも彼らの教えはキリスト教ではありませんから。
私に言わせればユダヤ教の変形です。
こんな組織にとどまっていても精神生活のためになるどころかむしろ害になると悟っ
た私はタイミングを見計らって自ら組織を離れました。

精神生活の向上や充実のために何かをすることは決して悪い事ではなく、私はむしろ
良い事だと思います。
編集者もこの見解には賛同するでしょう。
聖書研究などもその一つになるかもしれませんが、武道なども精神修養の良い手段に
なると思います(エホバの証人にとってはとんでもない事ですが)。
大学生の時は特に人生の意義や社会の体制に関心や疑問を持つものであり、これはご
く普通のことだと思います。
聖書を研究なさりたいのであれば、伝統的なキリスト教の教会に行くことをお勧めし
ます。
一般の教会でも週に一回くらい聖書研究を行っていますから。
そこでは聖書以外の出版物を買う必要もありません。
ただ聖書だけがあれば十分です。
持っていなければたいていの場合は貸してくれます。
伝統的な教会が、エホバの証人が言うように、本当に罪と不道徳で満ちているかどう
かを確かめる機会にもなるでしょう。

貴方がエホバの証人に関しておかしいと感じたその直感を大事にして忘れないでいた
だきたいです。
このサイトの編集者も他の投書への返答で指摘されているように、その直感は必ず当
たっています。
エホバの証人のようなカルト集団には必ずまともな神経の人には変だと思われる点が
ありますから。
それは教義であったり言動であったり、人によって感じる事柄は様々でしょう。
その直感が洗脳され、おかしいと感じなくなったらもう終わりです。
このサイトはすっかり洗脳されてしまい自分で考えることをやめてしまったエホバの
証人たちや配偶者がエホバの証人であるために日夜、悪戦苦闘を強いられている信者
でない人々にはあまり役に立たないかもしれませんが、エホバの証人になろうかどう
か迷っている研究生には必ずや役に立つものと確信しています。
このサイトは実にエホバの証人に関してたくさんの情報を提供してくれています。
もし私の時代にインターネットがありエホバの証人に関していろいろな情報を得られ
ていれば、私は決してエホバの証人にはなりませんでした。
エホバの証人の伝道の恐ろしさはまじめに人生の意義を模索している人々の純真さに
つけこみ、そういう人々を巧みに誘導するところにあると思います。
本当に向こうから来るものにろくなものはありません。

《編集者より》
これも「疑問、苦悩が日々増していく家庭個別聖書研究」に対するものです。この7月に投書をされてきた方は、24歳で最近大学を出た方で、インターネットで情報を学んで研究を断る決断ができたようです。それに対しあなたは、この投書者と同じ様な年齢の大学時代に研究をはじめ、結局は立ち止まって考える余裕もなくエホバの証人になってしまいました。もしあの時代にインターネットがあったら… と考えるのは当然でしょう。確かに時代が変わり、インターネットが色々な意味で人々の人生を変えるようになったのだと感じます。