「長老たちの横暴に苦慮しています」

(5-17-04)

サイトを拝見さして頂きました。私はM市D会衆のいわゆる'クリスチャン会衆'なのです
が長老たちの横暴に苦慮しています。 
彼らは聖霊に対する暴とくを働き、クリスチャンの歩みを妨げ、それを注意すると、家に
勝手に入ってきて怒鳴りつけるしまつ。(これらのの行為は聖書的には罪とよばれる行為
です、また立証するのが難しいですが最後の行為は刑事罰に相当するものと思われます)
それを監督は何も調べを行わずに私を有罪とし、彼ら(仲間の長老)を無罪と裁きました。
私は是非ともこれらの長老たち(監督も含めて3人、もしくは4人)を'世俗の法廷'で裁き
たく思います。
貴方さまはその種の活動(裁判など)を行っておられますか?もしそうであるなら、是非と
もご助言や援助などをしていただきたく思いお便り差し上げました。いたずらなどではご
さいませんので是非とも返信していただけるようお願いします。

またその種の被害にあわれた方がもしおられるなら、非常に残念に思います。

先日長老の苦情をお便りしたものです。誠に勝手ながらあなた方様のサイトを発信基地代
わりとさして頂きたく思います。(笑)
微妙な立場にあるクリスチャン会衆であり(私は1世紀の兄弟たちと一緒にされるのは甚
だ心害です!)
預言者であり
未来の忠実で思慮深い奴隷です。(多分統治体になんか行かない、テント暮らしはまっぴ
らです!)
最初に今後の世界情熱について、述べたいと思います。米、英主体の連合軍は今後イラン
に進行するものと思われます。引き金はイランの核開発疑惑になるでしょう、今回はフラ
ンス、ドイツ、ロシアも恐らくは米、英に反目せず国連決議に賛成することになります。

 また、何故アメリカ(ブッシュ大統領)がこんなにも早く、強引に戦争に突入する事にな
ったかは後ほどお話しできればと思います。

排籍について:排籍についての明確な基準などありません。会えてその基準を述べるなら' 気合い'です。(冗談ではありません!) 'いんこう'を犯しても必ずしも排籍にはならないようです(公になれば別ですが…)、何故 なら天にいるキリストの兄弟たちの中に'いんこう'を犯した者がいるからです。(確かに 聖書によれば'いんこう'を!習わし!にする者とは食事さえも…とありますが?) 私の経験から言うと、タバコを吸うものの方が排籍に近いようです。(何故かは分かりま せんが) 何故同時多発テロはこれほど早く起こってしまったか?:それは長老団とクリスチャン会 衆の成員との争いにあります。 長老団は聖書的な約束事を全く無視し、自分たちの考えで物事を決定してしまったようで す。 聖書的な約束事とは…(聖霊を尊ぶこと、霊による歩みを妨げないこと、人の家に勝手に 入って怒鳴りつけないこと(笑)、監督は公正に物事を判断すること、等です) ここには長老団の馴れ合いが見てとれます。(時々見受けられますが)

《編集者より》
これは一週間以上にわたって、数通のメールで寄せられた投書を一括して掲載したものです。投書の主旨が必ずしも明らかでありませんが、一つの問題は「長老たちを世俗の法廷で裁く」ことだと思います。これは明確な犯罪行為がない限り、「聖霊に対する暴とくを働き、クリスチャンの歩みを妨げ」というような宗教的な理由では無理でしょう。「勝手に入って」というのが事実であれば、これは警察に通告して犯罪として処理してもらうべきでしょう。いずれにしても、これは紛争処理の問題で、このサイトの主旨とは異なります。それ以下の文面は話題の相関が不明で私にはよく理解できませんので、お答えいたしかねます。