「悩める現役2世です」

(5-17-04)

はじめまして。2年ほど前からちょくちょくこのサイトを拝見しています。

現在22歳(女性)の、現役2世です。大学4年生です。父は未信者、母と開拓者の
姉は熱心なJWとして毎日ばりばり活動をしています。私が小学校低学年の時に母が訪
問を受け研究を始め、私たちも研究を始め、順調に進歩していきました。バプテスマ
は中学1年の時でした。ですから2世と言ってもほぼ1世に近い状態でした。姉は全
くの1世だといえます。その頃はこれが正しい生き方なんだ!と希望にあふれていま
した。母はもともと厳しい人でしたが、鞭や体罰はなく、当たり前の集会と奉仕をこ
なし、会衆の人たちからもかわいがられ、問題なく学生時代を送ってきました。性格
が外向的なこともあり、学校で祝日を祝えなかったり校歌を歌えなかったりとつらい
思いをすることもありましたが、明るく振舞い周りの子達と変わらないようにし学校
の友達とも仲良くやっていきました。

しかしその性格も災いし?高校時代になるとそれら「世の友達」との付き合いがどん
どん増え、こっそりと異性と付き合うようにもなりました。でも依然会衆の活動も行
なっており、いわゆる裏表の生活を送るようになりました。もちろん良心の葛藤は常
にあり、自分はちゃんとできていないだめな人間だ、と落ち込み悩む日々が続きまし
た。JWとしてきちんと生きていかなければ、と思う反面、母や姉から学校の友達を
「世の人」とひとくくりにされ非難されると反感を覚えました。よっぽど会衆内の人
より良識がありすばらしい人なのに、JWでないという理由だけで神はそれらの人を本
当に滅ぼされたりするのだろうか?と思いました。自分は決してそんな偏狭な見方は
したくない、自分も滅ぼされたってかまわないとさえ思うようになり、その頃から少
しずつこの組織に疑問を持つようになっていきました。

高校卒業後、開拓奉仕をしたくなっかたのでとりあえず進学しようと思い、未信者の
父のおかげもあり母や姉の猛反対を振り切って大学へ進学できました。大学ではさら
に色々な出会いもあり、何より「何事も批判的に見て研究する」という考え方により
だんだんと組織への見方が変わっていきました。組織が大学教育をすすめない理由も
わかる気がします。冷静に様々な面を考えてみると、明らかに何かおかしい、組織が
唯一絶対の存在だなんて、と思いその頃にこのサイトに出会いました。弱いとはいえ
まだ現役として組織に交わっていたので初めのうちはかなりショックで混乱し、思い
つめるようにもなり誰かに相談すべきかとも思いましたが、よく調べていくにつれや
はり自分の感覚が間違っていなった、そしてこの組織で本当につらい大変な思いをし
てきた人たちも大勢いるんだということを知り、確信が強まりようやく最近は落ち着
いてきました。

現在、まだ実家にいることもあり現役として交わり続けています。しかし組織に対す
る不信とJWとしてのアイデンティティーの喪失はもう決定的、完全なものです。離れ
てしまいたいと思いつつも、これまで培ってきた会衆内のJW友達との交友、友情が捨
て切れません。私の交わる会衆は比較的自由で、人間関係でもたいして問題が起きま
せん。(私の知る限りですが)ですから居心地がよく集会に行ってはおしゃべりをし
一緒に遊びに行くということが楽しみでもあります。
ですがやはり心は完全に離れてしまっているので、純粋に人との付き合いでのみ繋
がっている状態です。この先、この交友を壊したくはないし機会があれば愛する友人
たちにも「真理」を知ってほしいし、でもやはり離れていくべきか・・・新たな葛藤
で苦しんでいます。

いつもサイトの運営お疲れ様です。たくさんの情報に本当に感謝しております。

やはり心配なので匿名での失礼をどうかお許しください。

《編集者より》
あなたの状況では、私は非常にゆっくりとした不活発化から「自然消滅」にいたることより組織を離れることをお勧めします。しかし、あなたも考えていると思いますが、家族や友人関係を壊すことはあなた自身の心の健康に非常に害がありますので、そのようなことにならないように慎重に事を進める必要があります。大学4年生とのことですので、まもなく卒業と就職の準備があるのではないでしょうか。そのような人生の節目は、自然消滅のきっかけとして絶好のチャンスです。就職を理由として、家族やエホバの証人の友人と物理的な距離を置くことにより(たとえば家を離れて、会衆も別にするなど)、不活発化が一層やりやすくなります。それと共に、物理的な接触が減る分だけ彼らのあなたに対する心理的圧力も減るでしょう。メールや電話での交友は、より理性的な対話を可能にする可能性があります。色々な可能性を考えてみることをお勧めします。