「最近思うことを少々」

(1-19-04)

「ものみの塔」誌とは異なった、公平で有益な情報の提供に感謝し
ています。

最近思うことを少し。

(教えについて)
・「世の終わり」をわざわざ煽り、宣教活動(信者獲得活動)だけ
を強調する教えはやめていただきたい
・マインドコントロール的な教育方法、兄弟姉妹たちの話し合い・
議論を一切許さないような教育方法はやめるべき
・学者の意見を随所に取り入れていながら大学教育を批判する愚を
すぐにやめるべき
・エホバの証人だけが素晴らしく、他は一切悪の仲間であるという
ような二元論的思考法を信者に浸透させないでもらいたい。これは
絶対に間違っている

(支部について)
・兄弟姉妹や一般の方々が自由に意見を伝えられるようにするた
め、メールアドレスを公表すべき
・資源の無駄つかいを避け、神が与えてくださった自然環境への配
慮のため、古紙100%の再生紙
をすべての印刷物に使用する
・エホバの証人がいる、いないにかかわりなく、自然災害が起きた
地域(たとえば先日のイラン大地震)への救援活動を直ちに組織す
べき

(会衆について)
・若いくせに威張っている長老が存在する
・長老にさわやかさが欠ける

(全体について)
・この集団は一体どこへ向かおうとしているのか…。神やイエス
は、本当に、聖書に書かれている以上の規則を勝手につくり、しか
もドロドロとした状態の組織を用いているのだろうか…。

《編集者より》
多くの的をついた指摘であると思います。支部のメールアドレスの公表ですが、アメリカの本部の方ではメールアドレスが公開されていますが、意見の交流としては決して使われていません。核心に触れる質問や意見は、メールでは受け付けていませんし、回答もありません。重要なメッセージは書簡で行なうしかないようです。メールアドレスは、外部の人々の問い合わせに使われているようですが、それでも回答は余りないようです。もっとも最近の宣伝メール(スパム)の氾濫では仕方がない面もあります。このサイトも含め、宗教関係のサイトには、他の宗教からの攻撃や勧誘が殺到するからです。