「エホバの証人の関わり」

(12-26-03)

初めまして。
最近娘がプロテスタント教会に行き始めた
****という母です
(匿名で宜しくお願いします)

以前、娘たちが義務教育中に
エホバの証人の保護者と二世と言われる子供が
数名いました。

その人たちは、お互いの子供が学校に入る前から
伝道活動で我が家にも来ていた時期もあり
学校で顔を合わせた時も、よく言葉を交わした事もありました。

ある頃、我が家の子供に問題が起こった頃(不登校問題です)
いろいろと私の心情を察してくれるような優しい言葉もかけてくれたのですが
私は彼女に
「一般的な子供の話や、教育の話はたくさん話したりしたいけど、
 宗教の話はしたくない。
 私は先祖を守る立場だし、墓守もしなくてはいけない」
と度々釘を刺しながらのお付き合いが続いていました。

私は子供の頃、別の新興宗教に嫌々ながら行かされた経験があり
エホバの様に、子供にも有無を言わせない強制は大嫌いです。
昔の私をみているようで・・・。

でも、エホバの事以外はとてもいい人
子供もいい子に育ている様に見えます。

ただ、このサイトを見ているうち、二世も辛いのかなぁ
あなたの心の奥底では、何を思っているのだろう・・・
辛くない?って聞いてみたい衝動に駆られます。
本音はきっと言ってはくれないでしょうがね・・・。

ある時、彼女にこういう質問をしました。
「もし子供がエホバを辞めたいと言ったらどうする?」って。
そしたら
「うーん・・・。それはしょうがないと思うよ。
ただ、悲しいけれどね」
との返事でした。
建前の言葉なのかもしれませんがね・・・。

うちの娘は自分からプロテスタント教会に行き始めましたが
私は過去の事から、なかなか行かれません。

でも、そこの教会の牧師さんから言われたこと
「焦らない方がいいんじゃないですか?ゆっくりいきましょうよ。
 いつかお嬢さんと一緒に来られることを祈っています」

なんか、エホバとはとは、何処か違う・・・
つくづく思う今日このごろでした。

乱文、また長文お許しください

《編集者より》
全ての二世が辛い人生を送っているわけではないと思いますが、協会の教えが様々の虐待を容認している以上、実際に見えない所で児童虐待が行なわれている例は少なくありません。多くの二世の証言でよく分かる通りです。一般にエホバの証人は、未信者や「世の人」には警戒感を与えないように、表面的にはなるべく常識的に振舞います。多くのエホバの証人はその意味で一種の二重生活をしているのです。他の教会とエホバの証人との間での改宗への熱意と勧誘の仕方の違いですが、エホバの証人はもちろん強力な伝道と熱心な信者獲得を誇りにしていますから、プロテスタントの牧師とで「何処か違う」のは当然と思います。