「エホバの証人の出版物をお売りしたい」−疲れた証人より

(12-23-03)

わたくしは3世であり、子供たちは4世にあたりますわたしは10年開拓奉仕を続け、家
族の必要はもっと別のところにあるはずたと考え、高卒でありながら、大手企業に28歳
より就職活動をはじめ、試験と役員面接に至るまで2か月かけなんとか就職しました。し
かし山ほどの仕事と会衆の仕事で体を壊してしまいました。みなさんの援助も最初の数日
で心ない口だけの援助程度でした。(期待するのもよくありませんが弱っているといろい
ろ見えるものですね。その後の兄弟たちの態度かあまりにも薄愛であることに、がっかり
して、この組織にとどまり続ける意味を感じることが無意味と判断し、このままやめるこ
とを決意したしだいです。これまでのサイトの情報も決定に大きく左右してますが・・・」
また妻が看病のために集会にいかないと、子供たちはどうなってもいいの?(まるで妻は
滅んでも子供たちは助けないといけないでしょ、という反応に狂信さを感じ)さらに確信
を高めました。主宰監督もどうような考えでしたので尚更です。家族と病に闘い、残され
た時間を有意義に過ごせているのは幸福です。残された闘病費用のために教会関係の方に
エホバの証人の出版物をお売りしたいと思います。「み心が地になりますように」や「宗
教は人類のために何を成し遂げたか」などの希少なものから73年から現在までの年鑑や
1960年から2002年のものみの塔までの製本、目ざめよ誌は1980よりあります。
今も寄附はしていますので適時お贈りできます。入札にてお受けしますので300万円か
ら始めたいと思います。2月末までにもっとも高く表示してしていただいた方に落札しま
す。村本様のサイトを利用して申し訳ありません。くれぐれもお体にはお気を付けてサイ
ト運営励まれてください。ご検討をこころよりお祈り申し上げます。アドレス公開大丈夫
です。
09064343374@n.vodafone.ne.jp

《編集者より》
アドレスは上の文末につけましたので、関心のある方は、直接連絡して交渉して下さい。