「最近のJWについて思うこと」

(12-10-03)

K地方のK県に住む元エホバの証人です。
最近自分が思ってることを書かせて下さい。

このJWICを通してエホバの証人を「自然消滅」という形で脱会して2年が過ぎ、
毎日仕事にプライベートに忙しいながらも充実した日々を過ごしています。「自
分の人生を精一杯生きてる」って感じが心地良いです。ものみの搭の奴隷の
ように生きていたあの人生を思い出すと今でも悔しく思うことがありますが、そ
の悔しさをバネに今まで奮起してやってこれたのかもしれません。

最近例年通りあのエホバの証人の統計が発表されたようですね。日本は相変
わらず減少ですか?当然のこと、ま、ざまみろって感じですね(スミマセン言葉
は悪いですが)。多分国際大会があった2004年度も変わんないと思います。こ
の減少の原因っていろいろあると思いますが、一つだけ確実に言えることは「イ
ンターネットでエホバの証人の真実を知ることができた人が増えている」ってこ
とは挙げられないでしょうか。日本のインターネットの環境はここ数年でかなり
様変わりしました。数年前と比べても格段に安い料金で、ADSLや光のような超
高速インターネットをつなぎ放題に出来、定額は当たり前とかになってきたのも
あって、インターネットは本当に身近になってきました。最近のJWの状況はわか
りませんが、パソコンは今ほとんどのJW家庭に入ってるでしょうし、日常生活で
インターネットの便利さが知られるようになると、インターネットの危険性をいくら
協会が強調したとしても、それはちょうど携帯電話も現在は持ってて当たり前、
となってるようにインターネットも「やって当たり前」、となってきたからだと思い
ます。それでJW内外のネット人口の増加に伴って大勢の人がエホバの証人の
真実を知り、結果、新しい研究生を見つけられず、また現役が離れていき、信者
数が減少していると考えて間違いないのでないでしょうか。実際「小さい子供を
もった20、30代の主婦の研究生」って以前は多かったのですが、以前に比べて
極端に少なくなってきていませんか、どの会衆でも。彼女たちがインターネットを
する確率は非常に高いですから、JW関連のサイトを見る可能性も高いと思いま
す。そうしますと、特にJWICの存在は大きいと思います。何より他のサイトより
情報量が充実してますし、村本さんの的を獲た鋭い見解は、エホバの証人問題
を真剣に考える人にとって非常に有益だと思うからです。JWを辞めることが出来
たのもこのサイトがきっかけって人も私以外に多いと思います。

以前韓国のJW事情について投稿がありましたよね。韓国は日本より早く国を挙
げてインターネットの環境を整えてきたこともあってネット先進国と呼ばれてるん
ですけど、JWICのようなサイトって無いんですよ、調べてみましたら。掲示板っぽ
いのやキリスト教会のサイトでエホバの証人の問題点を扱ったもの(他のキリスト 
教系カルトと共に)はありましたけど、JWICのように現役、一般の人問わずにJW
問題について総合的に研究できるサイトは探してもありませんでした(語学力不
足で見つからなかったのかもしれませんが)。だから増加か停滞こそあっても減
少までにはならないんだと思います。また韓国は正規開拓者の数は日本を越え
て先進国(?)No.1になりましたが、92年の高等教育解禁以前から大学や専門学
校に行くのは余程の貧乏か馬鹿でない限り普通でしたから、経済は日本と変わ
らず停滞気味ですが少ない時間で効率的に仕事が出来ているからではないでしょ
うか?何も徴兵拒否による投獄で信仰が厚いからだけではありません。また独身
男女は結婚まで実家で過ごすのが普通で、日本みたいに田舎に行って開拓者の
パートナー生活を目標にしてるなんて一般的ではありません。日本と違って結婚
前の子供に苦労をさせるような生活をむしろ親が望んでいない感じでした。また
日本よりも女性の社会進出が遅れていることもあって主婦のパート職も多くなく、
女性は家庭を守るという儒教の教えもあってか専業主婦が大半ですので、日本
よりもオバサン開拓者が熱心だったように見えました。人口から見てキリスト教
徒の割合が多いという点では西欧諸国に似ている感じがありました。

ものみの搭の幹部らに一言。
国際大会なんてホント「今さら」なイベントを開催したようですね。もう何年前です
かね、先回日本であったのは。信者の減少を国際大会をきっかけに歯止めを掛
けようというのがミエミエですが、そんなので日本の信者の士気を高めようたっ
て昔のような成長はもうありませんよ。もう日本では現役、一般人共にJWの隠
された実態に薄々気付き始めてるんですよ。特に神権政治だか何だかで、常に
上からの一方的な抑圧された体制の中で、末端信者のほとんどは疲れてます!
その現実を知ってて現状維持を決め込んでるあなたたちの精神は異常ですね。
日本の政治家や官僚たちと同じ。いや、彼らより最低、最悪です(キッパリ)。
政治家たちでも成果がないとはいえ、改革を断行してるじゃないですか!
あなたたちの組織は北●鮮と何ら変わりありません。
絶対的な権威をいいことに非常識で嘘っぱちばかり並べるのはいい加減もうその
辺位でいいのではないですか?いつまでこれでもか、これでもかっていうほどに
信者を心身両面で苦しめて組織拡大の自己満足に浸るのですか!!
あなたたちこそ「目ざめよ!」という言葉がお似合いのようです(笑)。

現役信者の方にも一言。
その組織がどれほどすばらしいって言っても、結論は「エホバの証人(ものみの搭)
=人を破滅に導くカルト教団」ってしかなりません。また組織じゃなくエホバを見て
るって思ってる人はどこをどう紐解いても神がその組織を用いているとはいえない
証拠が限りなく出てくるのです。その事実を無視するか、どう受け入れるかは各自
の判断ですが、早々に「一抜け」したほうが残りの人生有意義に過ごせますよ。
あなたに北●鮮の脱北者たちのような勇気はありませんか?この組織から出るの
に命の危険なんてないじゃないですか。また辞めた人たちはみな可哀想な、悲惨
な人生を送っているって組織は言ってますがトンデモナイ大間違いです!それはも
のみの搭の信者引留めの策略でしかありません。私のように辞めた方がどれほど
幸せか、ぜひ考えて頂きたいです。

地域大会や国際大会、どっかの国(北●鮮)のマスゲームに似てるような気がしま
す。人だけ大量に総動員させて「あなたをこれだけ多くの人が賛美し崇拝してます、
一致してます、幸福です」って感じで対外アピールさせている。対岸から見るとどち
らもかわいそうでならないのに(苦笑)。

ものみの搭のようなカルト教団は解体でもしたほうが公共の益になるのですが、そ
れはものみの搭の唱える「ハルマゲドン」と「地上の楽園」のように全くありえない
というのが非常に残念ですね(爆笑)。

顔も名前も知らない元JWの皆さん方、それぞれ環境や立場は異なると思いますが、
カルトから開放されただけでもすばらしい人生の選択です。悔いの無い人生になる
ようお互いにこれからも頑張りましょう!

まあ何だかんだ書きましたけど、私はこれからも自分だけの人生、思いっきり満喫し
ちゃいます。
村本さんもサイトの管理大変でしょうが、応援しています!!
メリークリスマス!

《編集者より》
韓国のエホバの証人についての情報を興味を持って読ませてもらいました。私も以前に書いたと思いますが、日本語と韓国語の両方を出来る方が、韓国向けの情報を日本から流してもらえれば韓国のエホバの証人の方々に役に立つのではないかと思います。インターネットの普及には証人の年齢も関係しているでしょう。若い世代の証人が増えるほど、インターネットへの抵抗はなくなるでしょうが、老人が指導部を牛耳っている限り、進歩は遅いのではないでしょうか。