エセ研究生ドン・ハルマゲ

(12-7-03)

<前略>
(もし掲載して頂ける場合は、この前の文章とメールアドレスは伏せていただけますよう、
お願いします!)

私は「聖書は良いけど、宗教活動は絶対しないからね!」と最初にハッキリと言い『エセ
研究生』になりました。何だかんだで会衆に交わったりして一年になり、一部の人達とも
気が合って親しくなりました。
エホバの証人の中で私が最も嫌な事は、何かにつけて「エホバの証人の特権!」と考えて
いる人です。そういう理由で思い上がっている(勘違いしている)連中は、見ていてよく
わかります。ある日の聖書研究に参加した巡回監督(?)はかなりスゴかったです。完全
に傲慢チキで、自分は神に選ばれた人間だと思っているようでした。私を『世の人』とし
か見ていないので、明らかに見下しているのがわかるんです。司会者(クリスチャンとし
て、本当に温和で忠実な人)への態度も非常識で、当たり前の顔をして出されたコーヒー
を飲んでました。なのに、その人『太陽系惑星の配列の順番がわからない』という無知ぶ
りを見せ付けてくれました。私は腹が立っていたので、目の前で「オッサン、そんなの小
学生でも知ってるよ!!」と爆笑してしまいましたが、司会者の手前、それ以上は控えまし
た。ちなみに、その監督に二度目に会った時は無視されました。私がクリスチャン自体に
疑問を持てたのはこの人のお陰です。「どこが謙遜じゃ!」と。やっぱり同じ人間、世の
中の嫌なヤツと何も変わらないなぁ、と。第一、元から「霊的な事」に興味ある人はエホ
バの証人じゃなく
てもたくさんいますしね!
それにしても、すごい規模ですよね・・・エホバの証人は。このサイトを拝見して更に強
く感じた事は、始め「聖書を調べたい!」から始まった事でしたが、いや〜、何か凄まじ
い世界に足を踏み入れてしまった気分です(ToT)ただ、聖書そのものはスゴく価値のある
書物だと思いますし、聖書の教えから益を得る事は確かにあると思います。でも私が組織
の教えと『聖書』を混同する事は無いです!
私にとってエホバの証人でも友達は友達なので、偏見なく付き合っていけたら、と思って
います!
(乱文を長々と失礼しました。もし読んで頂けたなら、ありがとうございました!)

《編集者より》
もし研究が続けられるようであれば、これを機会にその温和で忠実な司会者に自分の宗教の本質について考えさせる機会を与えられるような質問や情報を与えてみてはどうでしょうか。もちろん、失礼のあるような言動をすれば、直ぐに研究は打ち切られてしまいますが、あなた自身も温和で忠実な態度を示せば、ある程度の対話は続けられるかもしれません。どちらがいつまで「温和で忠実」でいられるか分かりませんが、あなたも司会者も同じ態度を取りつづける限り、もしかしたら組織の「建前」だけでなく、人間としての「本音」で対話ができるようになるかもしれません。