「英語の案内書を友達にお送り下さい」

(11-17-03)

拝啓

初めてお便り致します。最近はインターネットの普及によって家の中に閉じこもり、イン
ターネットを通して友達を探して寂しさを紛らわしている人達が多い様ですが、私の現在
東京で仕事をしている35歳のアメリカ人の友人もその一人で、日本に友達が出来ない代
わりにインターネットでメール友達を見つけては夜中の2時頃までチャットをしている状
態です。土日曜日などには1日中コンピューターの前に座りっぱなしです。少しは日本人
が集まる文化センターや日本語学校などに通えばどうかと提案してみましたが、自分はデ
ブで顔が悪いので誰からも好かれないと信じているらしく、その様な生活をしているアメ
リカ人の友人が可哀想になってしまいます。もし、宜しければメールでエホバの証人に関
する案内書と情報を彼に直接お送りして頂きたいと思いました。宗教などを通じて信頼出
来る日本人の仲間が見つかる事を祈っています。では宜しくお願い致します。

彼のアドレスは ******** です。

敬具

《編集者より》
この要望は直接、ものみの塔協会にお送り下さい。住所は、「 よくある質問(FAQ)」のページにあります。ただ、あなたとこのアメリカ人の友人との状況がよく分からないので現状とは合わないかもしれませんが、アメリカにいる日本人が時差の関係で、夜中に日本の友人と交信するように、日本にいるアメリカ人が、日本の夜中に母国のアメリカ人と交信することはよくあることで、それ自体をそれ程問題にすることはないのではないでしょうか。夫々の人には夫々の好みの交流関係があるのであって、それを外側から宗教を使って別の交流関係に持ち込もうというのは、友人であっても少し干渉のし過ぎではないかと思いますが・・・