「この聖句は誰にあてはまるのか?」

(7-7-03)

「しかし,このことを知っておきなさい。すなわち,終わりの日には,対処しにくい
危機の時代が来ます。・・・敬虔な専心という形を取りながらその力において実質の
ない者となるからです。こうした人々からは離れなさい。こうした人々の中から,あ
ちこちの家族の中にそれとなく入り込み,罪の荷を負った弱い女たちをとりこにして
連れ去る者が出るのです。その女たちは,さまざまな欲望に引かれ,常に学びなが
ら,決して真理の正確な知識に達することができないのです。」

聖書のこの部分を読むたびに、ある宗教団体の女性たちが思い浮かびます。

「手ずから働き、静かに生活」したい匿名証人

《編集者より》
これはテモテ第二3章からの引用だと思いますが、私もそう思います。私は幾つかの聖句が「ある宗教団体」によく当てはまると思っています。次の聖句はどうでしょう。

*** 聖8-参 マタイ 23:15 ***
偽善者なる書士とパリサイ人たち、あなた方は災いです! あなた方は一人の改宗者を作るために海と陸を行き巡り、それができると、これを、自分に倍してゲヘナに行くべき者とするからです。

*** 聖8-参 ヨハネ 5:39-40 ***
あなた方は聖書によって永遠の命を持てるようになると考えて、それを調べています。そして、これこそわたしについて証しするものなのです。40 それなのにあなた方は、命を持つためにわたしのところに来ようとしません。