「進歩が遅いって(?)」−7年間同じ司会者と研究する主婦

(6-13-03)

初めまして。私は足掛け7年も同じ方と研究をしている主婦です。
一緒に、来る方は変わりますが司会をしている方は同じです。
きっかけは訪問されて、子供が同年代だった事やきちんとした
身なりや話し方それに聖書にもとても関心があったからです。
とても気さくな人でしたし、お子さんもとてもいい子でした。
毎年記念式も大会も出席していましたし夜の書籍研究にも最初
は参加していました。その後私が出産したり、色々な事があり
1年間くらいお休みしていてまた再開してからこれ4年位経ちます。
   何回かやんわりとお断りしているのですが、必ず次の
約束やお誘いがあり困っています。妊娠中や子供が病気の時
などは、手作りのお惣菜やお菓子を持って何度も来てくれたりで
なんとなくあまり強く言えません。 主人はあきれていますし
エホバの証人になっているわけでもなく、伝道もしていないので
なにも言いません。 でも私は本当にもう研究はしなくて良いの
です。 しかもその方は今は6ヶ月で進歩がないともう研究は
できないとずーと何度も言っているのにあきらめてくれません。
私の優柔不断がいけないのですが最近はもうどうしてわかって
くれないのか逆ギレしそうです。 研究をやめたい1番の理由は
子供のしつけがもうついていけないのです。 初めはとても良い
お話に思えていたのですが、やはり厳しすぎます。集会など
大勢の人がいる所では静かに座っていなくちゃいけないのは
わかりますが・・・ 自宅での研究中に少しでもぐずると1歳前から
懲らしめを要求するのです。現在はまだ幼稚園児なのでなるべく
いない時間に研究をしています。だって必要以上に子供を叱り
たくはないですから。 進歩が遅いと言いながら中々見切りを
つけてくれません。 私みたいな研究生っているのかな?
なんか初めて来た所で自分のことばかりで、すみません。
ただどうゆう話の切り出し方で「やめたい!」気持ちが伝わる
のか誰に聞けばいいのかもわからないので書いてしまいました。
来週も月曜日に研究があります。とりあえずは少しずつでも
離れられるように努力したいと思います。
聞いて頂いてありがとうございます。
また寄らせてもらいますね。

《編集者より》
ここはやはり、あなたの正直な気持ちをはっきり言うのが一番いいのではないでしょうか。エホバの証人になる気持ちはありませんとはっきり言えば、むこうはあきらめて別の所へ行くはずです。しかも7年も研究を続けているということ自体、その司会者に問題があるのかも知れません。会衆の指導的地位にある人に、電話ではっきりとあなたの意志を伝えて、その司会者に指示してもらうのも一つの手でしょう。もし電話で話すのが勇気がいるようなら、手紙を出してもいいのではないでしょうか。