エホバの証人には「500円玉」がよく似合う

(5-17-03)

 駅前通りにさしかかる前には、雨に換わっていた。
"春に三日の晴れなし"と、今朝の天気予報で聞いたばかりである。
急がなければ、神権学校が終わってしまう。
どうしても"発表"の前には、王国会館に着きたい。
"7会衆合同2階建て王国会館建設プロジェクト"の大事な発表があるはずだ。

改札口の券売機に慌ててコインを放り込むと、
どうしたわけか、スルリと戻ってきてしまった。
焦ってもう一度入れなおす。が、結果は同じ。
何故? と思い、よく見ると、
投入口のうえに500円玉にペケ印が描かれたシールがべったり張られていた。

 偽造硬貨が増えた為、500円玉が使えなくなったタイプの券売機だった。
急いでいる時に限ってこうなんだから! と舌打ちしても始まらない。
紙幣を取り出して切符を買った。

財布に戻した500円玉はそこだけ妙にでっぱってしっくりなじまない。
それでいておもちゃみたいに軽軽しい。
"ゲーセンのコインみたいだ"と夕焼けの王国会館で、指ではじいた500円玉を
キャッチしながら、弟が言っていたのを思い出す。
彼は組織を抜けて、もう、何年だろう。
"本音"と"建前"。"真実"と"虚実"。
ころころ変わる見解に振りまわされて、疲れ果てた日々。
偽造硬貨のように、騙せる自販機、はじき出す券売機。
はじき出された500円玉を見るたび、ひょっとして偽造硬貨だったかな?と首を傾げ、
組織とキリスト教世界の誹謗中傷(偽造宗教?)合戦が、シンクロした。

"あーあ、かったるい"
一人愚痴て、滑り込んで来た列車に飛び乗った。

王国会館に着くと、すでに神権学校は終わっていた。
空いている席は―――。
左右の最前列。それと、真ん中の1〜3列。
"あーあ、S席ばっかりじゃん"
モームスのコンサートチケットなら、一体いくらで売れるんだろう?
下北沢の素人劇団だって、こんな特等席、500円玉では売ってくんないよな。
ぼやきながら、席につくと"発表"のプログラムになった。

形式的な発表が暫く続いた後で、待ちに待った
"7会衆合同王国会館建設プロジェクト"
あれだけ、大々的に、
"伝道者一人当たりいくらを何年間"などと、具体的数字を挙げて寄付を集め、
イメージ図の載った何枚ものプロジェクト計画をでかでかと
掲示板に貼り出してくれたのだから
さぞかし、満足のゆく状況報告に違いない。
思わず、身を乗り出した。

スマした顔の主宰が演壇に立ち、最もトリスマシタ声で、
"かねてより皆さんにお知らせしていた、
「7会衆合同2階建て王国会館建設プロジェクト」は、
××町の空き地買収段階ではありましたが、
 神のご意志ではありませんでした。"
と述べると、そそくさと立ち去った。

"え? なにそれ?――― 何なのよぉ〜〜〜〜〜!!!"
とんだカタスカシ。
計画は頓挫したって事? 
なんで頓挫したのか、これじゃ何の説明にもなってないじゃない。

一瞬ざわついた場内の空気を 無理やり立ち切るかのように
"続いて奉仕会に移りたいと思います"
という司会者の甲高い声がひびいいた。

ばかばかしい。
こんな発表聞くために、残業切り上げて、上司や先輩の白い目浴びながら、
今まで頑張ってきたわけ?

"所詮、500円玉宗教ね"
騙せる(受け入れられる)信者、はじき出されるアウトサイダー。

プログラムはまだ終わっていないのに、おもむろに席を立つと、颯爽と退室した。
夜風に髪をスキ流し、ため息ついたら、ムショウに泣きたくなった。
見上げる星空は都会のスモッグとネオンに消され、殆ど何も見えない。

"結局、あなたのご意志とは、何だったのですか?"

財布から、さっきの500円玉を取り出して、手の甲に乗せた。
ひんやりした感触があり、指で高くはじいた。

表なら辞める、裏ならとどまる。

緩やかな弧を描き、落ちてくる500円玉。

ぼんやり眺めて立ちすくんだら、

《編集者より》
筆者の方が実際に体験したことを、読みやすくするために小説風に書いたものだそうです。500円玉を上手にモチーフにして、エホバの証人の一日の体験を軽く物語っていて、よくできていると思います。