「情報センター設立の理由は」−元研究生

(5-10-03)

こんにちわ。
私は、かって研究生でした。エホバの証人の方々ともかなり、まじわったと思います
が、いつも、私一人だけ、ぽつんと居るような居場所のない感じを抱いていました。
でも、本当にこの世を創造した神がいて、私たちがずっと受けている苦しみは、理由
のあるものであり、いつか、納得のいく答えが、私の中に生じてくれば、本当にエホ
バの証人になりたいと思い続けていました。しかし、納得がいかない限り、洗礼は受
けたくありませんし、納得しなければ、証人の方々に失礼だと思いました。しかし、
いつになっても、答えがだせず、周りの証人の方々も離れていってしまいました。私
の中には、神に対する崇拝より、最初の人間の過ちを贖うために、なぜ当初の予定ど
おり、楽園に私たちを住まわせてくれず、このような世界に人間を放り出したのかと
いう憎しみが強いのです。その憎しみがずっと私自身から離れていかず、絶えず私を
攻め続けています。
 しかし、彼らが教えてくれた聖書の内容には、私自身を救ってくれるものもありま
したし、道理もあっていると思いました。でも、私の中に、どこか無理が生じてくる
のです。なんでだろう、どうして、すっきりしないのかな、と何回も同じことを考
え、そのうち疲れて眠る感じでした。頭が鈍くてわからないのかな、でも、待てよ、
深い内容がわからなくても、大まかな部分に合意して、証人活動を溌剌としている
方々もいるぞ........などと、考えているうちに、わかってきたことが一つありま
す。それは、エホバの証人も、多くの宗教団体の中の一つだということです。だから
といって、真の神の組織であるということを否定している訳ではありません。そうか
もしれないし、そうでないかもしれません。彼らは、よい人間であることを目指して
いることは、本当だと思いましたし、そういう生き方をしてることを立派だと思いま
す。でも、私は、洗礼を受けませんでした。神から見放された人間なのでしょうか
.....見放すような神なら、私はいらない.....神が存在してほしいし、信じたいし、
同じ思いの人たちと一緒にいたいと思います。エホバの証人は、私が始めて正しいの
ではないか、と思った宗教ですが、なにか無理があるような、もっと違うところに本
当のことがあるような........編集者の方にお尋ねします。エホバの証人情報セン
ターを設立した訳はなんですか。あなた方は、ものみの塔をはじめ、いろいろな角度
から、エホバの証人を検分しておられるようですが、統治体の方々にお会いになって
意見を聞いてみようということをなさったことがありますか。もしよければ教えてく
ださいませ。

《編集者より》
このウェブサイトの設立の理由は、 よくある質問(FAQ)初めて訪れられた方へのメッセージのページに詳しく書きましたので参照して下さい。統治体の人に会って意見を聞いてみたら、ということですが、それは簡単に出来ることではありません。あなたが、首相官邸を訪れて、首相の意見を聞いてみたいのですが、と言って直ぐに一時間ぐらいの面会が出来ると思いますか?首相はあなたに個人的に会わなくても、その意見は多くの場所で公表されています。統治体の意見も同じ様に出版物で公表されており、公表されていない私的意見は、まず一般人の面会で明らかにされることは不可能でしょう。ただ、アメリカのエホバの証人で、ベテルに住んでいた人々の中には、統治体の人々と個人的に交友が会った人が多くいて、その人たちが個人的に統治体の人々と話し合った話は間接的に聞くことが出来ます。