「客観的な観点(学問的な観点)で知りたいのですが」

(2-14-03)

はじめまして。
こちらのHPは、たぶん、客観的な観点でエホバを語ってらっしゃるのだと
思い、私の相談に乗ってくださるかとメールしました。
私の好きな人がエホバの人なのですが、私はエホバについてはほとんど暗い人間で
す。彼女を知るという過程で、エホバを避けることはできないと思いまして、
なにかエホバ入門(信者になる気は微塵もありませんが)的な本が欲しいのですが、
お勧めの本はありませんでしょうか?できれば、信者ではない方の本がよいのです
が。(できるかぎり客観的なものが欲しいので)また、外国のエホバについてより
は、日本の現状についてが知りたいです。

HPの感想ですが、読めば読むほど胸がいたくなり、途中から文字を追うことができ
なくなりました。時間をかけて読んでいこうとおもいます。でも正直に言えば、でき
れば知りたくないです。いろいろな人のいろいろな感情が一気に流れ込んできて、苦
しすぎます。彼女は幼少時代から片親の強制でエホバだったらしく、幼く無力だった
彼女が不本意にこの集団に居つづけさせられたということを思うと、やりきれませ
ん。彼女は、現在エホバを否定していますが、その考え方の端々にエホバの価値観ら
しいものが見られるように思います。今のところは、それによる意見のぶつかりなど
はありませんが、この先深い関係になっていくうちに、エホバの価値観や彼女の片親
(エホバ信者)の存在が結局二人を引き裂くのではないかと漠然と不安です。

《編集者より》
エホバの証人に関する本はエホバの証人に関する情報源 のページを参照して下さい。エホバの証人の元二世の人々が、エホバの証人の価値観を引き続き持ちつづけることは非常によくあることで、あなたもそれにどのように対応していくか、よく考えておく必要があると思います。