「地球こそが教会」

(10-7-02)

初めまして、ホームページを少し読ませていただきました。その内容の豊富
さと愛ある言葉の数々に心がいやされますしん。ここまで、この様な活動を
何年も続けてこられていること、まして、お仕事がありながら活動してこら
れたことに、敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。  多くの人たちが神を
知る前に人間の弱さや醜さに翻弄され、自分自身を見失い神さえも呪うよう
なことになりがちです。   私もただ聖書を愛し、家族を愛し、この研究
をはじめたのでした。
でも、今は時折聖書を読みこころ静かに独りでお祈りをしています。
私は教会に属すことを欲しません。 なぜならこの地球こそが教会であり、
私たち一人一人がその信者だからです。  私たちは神を知らなくても神は
私たちをご存知です。  これからもあなた様の活動ガ多くの人のささえと
なり、命の新たなる基点となることを望みます。
 多くの人は迷い出て、悲しみ苦しみ孤独と戦っています。 けれど、私た
ちには、神がいます。 私たちの心の声こそが神との関係のすべてです。 
行いも言葉も無意味です。 ただ独りでいるときの私の心の叫びだけが神に
届くのです。  そして、それだけが神と私をつないでいるのです。  そ
こには誰も介在しません。 それが、信仰です。そして、それはすべての人
に与えられているのです。   お体にきをつけて。  そして、こころを
休ませて・・・  すべてはもともとそこにあったのですから・・・ 人間
はそれを探す時間があまりに少なくなってしまっただけなのです。  もっ
とゆっくり・・・もっとゆっくり・・神の時間を探してください。

《編集者より》
あなたのおっしゃる神の考え方と私のそれとは非常に近いものがあり、大変共感を受けました。励ましありがとうございました。文面からは定かには分かりませんでしたが、一応元研究生であった方と推察しました。