協会の株式投資について

(8-15-02)

皆様 こんにちわ
今日本中で行われています「王国を熱心にふれ告げる人々」地域大会から多くの益を得て
おられることと思います。主旨としてはあなた達は協会の言うことを聞いて自分がどんな目
に逢っても伝道活動をして信者を増やしなさい。というモノです。
しかし世界中の王国宣明の進捗状況を観察しますと世界人口の50%にも達していない状
況です。日本だけ徹底的に死にものぐるいで伝道しても終わりはほど遠いのではないかと
考えます。無駄走りもいいとこではないでしょうか、
 
ところで本題ですがこのHPの7/28更新のハイライトの「本間年雄の排斥について」のコー
ナーの一文に「寄付で集まった協会の大量の資金を株式投資に回して」とありますが ま
噂としてとらえることができますがもし本間年雄に関係なく海老名べテルでもリスクの大き
い株式投資をやっているとしたらこれは大きな問題です。
一般信者は全くと言っていいほど協会を信頼し王国の業のために役立てていただいてい
るものと信じ切っています。もしそれが真実でそれにもましてやもし大損をしているとことな
ど知ったらどうなりますか、  知りたいところですね。
N.Yブルックリン本部で証券投資を大々的に行っていることはこのページやその証拠の情
報などから分りましたが まさか海老名部テルではやっていないはずだと思っています。
ここ数年だけでも東証1部だけでも数十社が倒産しほとんどの銘柄が20分の1、50分の1
100分の1になっています。どのような運用の仕方か分りませんが、ブルックリンでも大損
が出ているはずではないかと観察します。(売り方に回った投資をしているか分りませんが)
もしそのような大損を出してそれをまた巧みな寄付の巻き上げで穴埋めするならそれはも
う古代イスラエルの祭司以上のものです。
全く寄付はどんな小さな子供からでも隅々まで集めたくっているのに協会自体の会計報告
なんか信者が知るのはもってのほかだとしています。全く分らないのです。
 
もし海老名べテルでも株式投資に手を染めているのをご存じの方がありましたらこのぺー
ジにでも投稿していただけないでしょうか、
一段と信頼できなくなっていくものみの塔聖書冊子協会なのでしょうか、 では失礼
                              P-98より

《編集者より》
海老名本部の資金が株式投資に回されているという話は、複数の情報筋から入ってきていますが、確証はありません。本間氏のように中枢部の事情を知る人が組織を出て、その内情を明らかにしてくれることを希望しています。また宗教法人の情報公開という面から調べることも出来るかもしれません。