「最新ニュースに感謝します」

(6-1-02)

お元気ですか?お忙しい中、サイト管理、更新をして下さり感謝しています。
私は2年前にJWICに初めて投稿し、そこから元エホバの証人の方々との交流を
深めて行った者です。バプテスマを受けた直後から失語症のようになってしまっ
た者です、、、。あの時村本さんがレスポンスをして下さって本当に嬉しかっ
た事を覚えてます。

今回の冒頭の最新ニュース『NBC放送の番組』の話題を興味深く読みました。
私がJWを辞めた大きな理由の一つに他宗教への批判があり、他宗教を批判する
熱心さと同様に内部を批判しろ!と常々思っていましたので、
公の電波に乗って内状が明らかになったというのは、嬉しいニュースです。
日本でも放映される日が来ればいいなぁとも思いますが、まだ組織に残ってい
る姉の事などを考えると複雑な気持にならざるおえません。

ずっと、JW時代の事を整理しようと試みていました。プロテスタントのクリス
チャンの方々や、中澤牧師、様々な経路の助けを借りて聖書の正統的な解釈を
学んでいます。傷ついてしまった弱い心が、日常生活の中で、仕事や社会適応
の面で時々辛い思いをしますが、なんとか頑張っています。
JW時代の整理、、を考えている過程で、どうしても組織の悪を暴きたいと思っ
いました。しかし、一方でJWの中で味わった喜びにあふれた感覚。また、聖書
を語った時の聖霊をもう一度味わいたいという気持などなどに、複雑にからまっ
た心ばかりになってしまう事もしばしばでした。

整理をつけてしまわなければ私の若い時代は本当に全く無に帰してしまうよう
に思っていました。そして、組織の悪は悪としてどうしても誰かに訴えたいと
いう気持ちも拭い難いものでした。この2つの感情にあたかも取り付かれ、自
分に多大なプレッシャーを掛けてしまっていた事に最近気付かされました。こ
の仕事をしてしまわなければ私は自分を認められない、そして神様も私にそれ
を望んでいるだろうと思い込んでいました。

つい先日、私は自分自身を痛めつけ、常に責め続け、受け入れて来なかったと
いう事実に気が付きました。私の胸に掛かって離れないこうした仕事が、10年
後、20年後になってもいいんだと思えるようになりました。そして、解放され
た〜楽になった〜と実感しています。聖書を読んでいて『裁き主は神だけ』で
あるという事に思いを馳せた瞬間、解放されました。知っていたのに、気が付
かなかったのです。長い長い間。。。

そして今回JWICで、JW内部のドキュメンタリーが放映されたのを読み、「ああ、
本当に裁き主である神様に委ねればいいだけなんだなぁ」と感動したのです。

私は今、32才ですが、これから一生の仕事とできるような物を見つけていかな
ければなりません。宗教、精神世界、物理学の世界、、、などが今の私の嗜好
で、こうした方面の研究者になれたらないいななどとほのかに思っています。
夜間の大学などに通って。この地上で生きている間、大きなゆがみを経験しま
したが、残りの人生を精一杯歩みたいと思います。心の悔いが、大きな安堵に
変化する事を日々祈りつつ生きていきたいと思います。

JWICに本当に感謝しています。これからも頑張って下さい!!!!!
本業と平行してこうした骨の折れるお仕事をして下さり、本当にありがとうご
ざいます!!!

《編集者より》
あなたが後にした組織が、やはり思った通り腐敗していたものであることを見ることは、あなたの心の整理に役にたつと思います。あなたも気が付かれたように、ものみの塔を離れても過去にとらわれて心理的に離れられない状態は長続きすることがあります。ようやくそのようなこだわりが取れて、心の整理と共に新しい人生の希望が出てきたことは、リハビリの完成が近いしるしではないでしょうか。