「光をいとう者は闇に隠れる」−NBCの番組について

(5-30-02)

ついに放映されたのですね!
ものみの塔の組織は長老や指導者たちの重大な違反、過ちを無視する方針を定めました。
いじめられている会衆の成員にとっては地獄の処遇が半永久的に続くことになります。
「今厳しい処置をとらなくとも、時が経てばその長老は自分で正しい状態に戻ることを
エホバは知っておられるのかもしれない」といって、深刻ないじめや不公正を放置するというのが
去年の地域大会での劇の教訓でした。権力のある方を守ろうとする、旧態依然とした
体質がものみの塔の実態です。
法律でも裁けないこうした体質をせめてマスコミによって白日のもとにさらすことで、
こんな宗教の犠牲になる人を減らすのが、今私たちにできる最大の方策でしょう。
このニュース番組を日本でも、いえ、世界中で放映できないものでしょうか。
私たちが(現役じゃない人だけで)署名を集めてどこかの放送局に持ち込めば、放送
局は動いてくれるでしょうか。

《編集者より》
この番組は、カナダとイギリスのテレビで紹介されたと聞いています。英語圏以外の国では放映は難しいでしょうが、その内容を紹介する番組は可能であると思います。日本の放送局に交渉してみてはいかがでしょうか。