「暖かみのないRBCのK.H」

(1-21-02)

最近のエホバの証人の状態を見ていますと何となくのんべんだら
りとただやっていると言う感じが見受けられます
それもそのはずいつくるかわかりもしない当てにならないハルマ
ゲドンを焦点にしてもみんなぼやけてしまっているのです。
皆様はいかがでしょうか、王国の活動に励まれていることと思い
ます。
私の所属する会衆の王国会館は以前の古い建物ですが近隣の
王国会館はRBCによるものが多くなってきています。
以前からそれらは体への影響はそれぞれ個人的に言われていまし
た。やはりどこでも同じですね。 それ以上に悪いのは
私は建設のことは詳しくありませんがRBC−王国会館はすべて
同じ作りで一歩入れば−−一口で言うなら−−”冷たい!!”
人間性の暖かみが全く感じられない人の集まる牢獄と表現でき
ます。作りが画一化、事務的、閉鎖的という感じで聖書的ではな
い雰囲気です。こんなところで集まり合い愛を培いあいなさい言
われても無理なことです。温かい心も一段と冷え切っていきます
それにもましてRBCに登録している人々は要請があればエホバ
から与えられた仕事特権とばかりにどんな遠くへも自分のことは
そっちの退けで馬鹿の一つ覚えのようになって何日でも走ります。
ほかから見ているとあほが担ぎ上げられたように見えちゃんちゃ
らおかしいのですがそれを馬鹿にして本人たちに言うと溝が出来
るので黙って自分一人で笑っています。協会の踊らされる良き金
造り労働者なのです。「王国はまだなのです」
協会は王国会館建設もエホバのたてる業だと言っていますが聖書
には何も書いてないですし、神権秩序とも言いますがまだ新秩序
も来ていないのにどうしてRBCでたてなければいけないのか
あほらしいったらありゃしないですね。
信者たちの無駄骨、無駄出費、無駄浪費、無駄時間、などのうえ
に成り立っているのです。
協会に踊らされ盲目にされている王国会館建設RBCシステムな
のです。目を覚ましましょう。  それでは   P98より

《編集者より》
王国会館の画一化は、出版物、教義、そして信者の心の画一化と呼応した、ものみの塔協会の根本的な体質の表れであると思います。冷たく画一化された建物の中に入って、自分の心までも冷たく画一化されていくことに気が付くエホバの証人がどれだけいるでしょうか。