人と環境にやさしい王国会館ですか?(七転八起)

(1-19-02)

大寒を迎え日本列島も寒さが増し加わっていますが、皆様お元気でしょうか?
 
昨日の新聞で、政府がハウスシック症候群に対処するために、建材の規制を
行なう方針を出してきました。皆さんの王国会館では、建材や接着剤による
アレルギー反応は出ていませんか?私が通っていた王国会館は7年ほど前に
建てられたのですが、壁紙の接着剤の刺激臭が、のどや鼻にツーンと感じら
れ、気管支のアレルギーが悪化してしましました。アトピーのある子供は、
王国会館に来ると体中をかきむしって気の毒な状態でした。それに加えて、
空調設備が天井に細いダクトをつないで吹出す方式なので、塵・花粉・細菌
などがダクトにたまって吹出されるので、会館では咳き込む人が大勢いまし
た。これが、人を愛する組織の建物と言えるでしょうか?
最近の建設では、どんな材料を使っているのか知りませんので、ハウスシッ
クに関係することで、ご存知の方は投稿してくだされば幸いです。
 
また、トイレの手ふきには使い捨てのペーパーを使っていました。ごみを減
らす観点から考えるなら、タオルかハンカチがベストでしょう。それに夏は
冷房の温度がかなり低く設定されていました。それは、スーツを着ている兄
弟の体温に合わせているからです。世の中では、冷房温度を上げるためにノ
ースーツ・ノーネクタイが公然となっています。地球の温暖化を減らすため
に省エネは世界的な課題です。そんな環境対策に無頓着な組織が楽園を唱え
ているのは矛盾していませんか?
 
王国会館だけ見ても、言行が一致しないことは、組織に矛盾があることの証
拠だと思いませんか?

《編集者より》
このような問題があることは知りませんでした。多分それぞれの王国会館のレベルで対処できるので、長老や巡回監督が指導すれば改善できるはずです。トイレの手拭や冷房の温度は直ぐにでも改善できるでしょうが、建材を変えるのは大工事でお金がかかります。今まで同様、組織拡大のために組織の資金を使うのか、その一部を信者の健康と安全のために使うのか、組織指導部の態度が問われる所でしょう。