「何となく?クリスチャン」−その後

(12-13-01)

10月に初めてメールした「何となく?クリスチャン」です
あれからも聖書は学び続けてるんだけど全くクリスチャンらしくないです
でも私はそれで良いと思う様になってきたんですよ
教会や牧師が嫌いなクリスチャンの人とメールやったりしてるしね
今度はNHK学園の仏教講座やるつもりだし
 
前回の編集者さんの言葉に「そうだっ!」と思いました
「何も一つの見方・生き方に凝り固まる必要はない」
「新たな見方を発展させる事を勧める」
 
この編集者さんの言葉は何時も心に!って感じです
 
キリストの証人・エホバの証人ともに
この編集者さんの言葉に振り返ると良いと思いました

《編集者より》
ほとんど全ての宗教に共通する美点は愛、哀れみ、平和、希望などの教えでしょう。それに対し、多くの宗教にある問題点は独善、傲慢、支配欲、恐怖心の植付けなどでしょう。この問題点はエホバの証人に最もよく表れていますが、他の宗教も多かれ少なかれこの問題があります。「何も一つの見方・生き方に凝り固まる必要はない」と私が申し上げたのは、エホバの証人のように一つの宗教に凝り固まると、どうしても独善、傲慢、支配欲、恐怖などが出て来るからで、多くの宗教の美点を学んで取り入れていくことにより、独善的な宗教の弊害を身につけずに、宗教に共通する美点を身につけて生きていくことができるからです。これからもどうか重荷を感じずに宗教と交わることをお勧めします。