輸血拒否による死亡数の根拠

(8-13-01)

こんにちは。初めてメールを出します。

読者の広場にて、以下の文を読みました。

  輸血拒否による死亡率、年間の総輸血量とエホバの証人の人口に対する比率から概算すると、
  世界中でエホバの証人が、少なくとも年間900人は輸血拒否が原因で死んでいると言われます。

この情報は色んなところで活用させていただきたいのですが、今ひとつ具体的な根拠が
書かれてありません。「輸血拒否が原因で900人死んだ」のは、どうやって換算されたのか、
良かったら具体的な算出方法などを教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

《編集者より》
これについては、英文の論文に詳しく述べられていますが、統計は全てアメリカのもので、根拠となる文献もアメリカのものであるので、日本文では発表しませんでした。これを機会にこれに関するウェブページを作りました(ものみの塔の輸血拒否方針による死者の数の推測)ので、参照して下さい。