「金満体質のものみの塔」−協会の不動産・株式投資(静かなる嵐)

(6-28-01)

ものみの塔が金満体質とは誰も思わないであろう。常日頃、それはキリスト教国の体
質と批判してきたからである。確かに寄付の袋が集会中に回ってくる事は無いが、寄
付の話は頻繁に聞くし、出版物にも出てくる。特に手の込んでいるのが、財産贈与、
生命保険の受取人を組織にする勧めである。これも、ものみの塔誌に親切に説明文が
記載されている。

ものみの塔本部には何人かの法律顧問がいるが、彼等は、裁判問題だけでなく、信者
が亡くなり、遺書を残し、財産を組織に贈与するケースがとても多く忙しい。金持ち
ほどその傾向がある。最近、或る金持ちの信者が亡くなり、多額の財産、数億円を組
織に寄付した。その話を聞いたときに、何故、組織が頻繁に遺書を残しなさいと、集
会のプログラムの中で扱うのか、なぞが解けた。

本部の弁護士の話によると、米国、西海岸にターゲットを決めているそうで、理由
は、
エホバの証人の信者の数が多い事。米国の信者の半分以上が西海岸の3っの州に住ん
でいる。
次の理由は、不動産の価値の違いである。中部の州で信者を集めても、たいした金に
はならないから。しかし、カリフォルニア、ワシントン、オレゴンの物件は何十倍の
価値がある。特にカリフォルニアはぴかいちである。
さらに、西海岸はニューヨークから遠いので、あらゆる組識のスキャンダルが直接聞
かれない事。

watchtower.observer.org にものみの塔の最近の商売熱心な記事が載っている。組織
はカリフォルニア、サンディエゴに1988年に不動産を買いそれを又、売り利益を
稼いだ。

Bay Communities of Palm Coast, which has signed a contract with Jehovah's
Witnesses to buy 21 acres near the old "leaky teepee" for an undisclosed
price, is being sued in U.S. District Court in Massachusetts for $5 million
in court-ordered restitution.

The Jehovah's Witnesses bought the auditorium and 72 surrounding acres from
West Palm Beach for $12.5 million in 1998. It sold an 11.3-acre parcel to
Home Depot for $7.7 million in 1999. Bay Communities' project, Mizner Lakes,
would be built behind Home Depot.

上記の土地と建物を購入するための14億円もの資金をどこから集めたのであろう
か。この通り土地を切り売りして、資金を何倍にもしている。いったい何のため?
ハルマゲドンが来るのにどうして?

又、儲けるためにはどんな会社の株も買う体質。The Watchtower Society Owns "A
Bomb" Parts Factory "Rand Cam Engine Corp. is a privately held company whose
stock is reportedly owned 50% by The Watchtower Society, a religious
organization, 34% by James McCann and the balance by several other
shareholders. Mr. McCann has indicated that he donated the shares held by
The Watchtower Society to that organization but has retained a voting proxy
for those shares. Accordingly, in Notes (3) and (4) above, beneficial
ownership of the 5,367,900 shares registered in the name of Rand Energy
Group Inc. has been attributed to The Watchtower Society and Mr. McCann.

戦争の兵器の部品を作っている会社の50%の株主がものみの塔であるという。こん
な矛盾があるであろうか。
有名な証券会社で部長をしていた兄弟がある日ニューヨーク本部に呼ばれ、株式投資
の相談ならびに世話をしている話は有名である。
いったい自分たちが教えてきた信念はどこへ行ったのかな?

さて、読者は、ものみの塔協会が一年間にどれほどの収入があるかを聞いた事があり
ますか? 年鑑にはいつも総支出しかでていません。
会衆単位ではうるさく、一円単位まで調べ報告させているにもかかわらず、組織は同
じようにできないのは何故?

投稿

静かなる嵐より

《編集者より》
ものみの塔協会の資金集めに様々な投資が行われていることは、このサイトでも何回か取り上げてきました。あなたの指摘されるように、遺産の受取人をものみの塔協会にすること、不動産投機、そして証券取引があります。フロリダをはじめとする不動産の売買で協会が多額の収益をあげていることは既に知られていますが、最近ではRand Cam Engine Corpの最大の株主となっていることが、米国証券取引委員会(SEC−United States Security and Exchange Commission)の公開文書で明らかになっています。

SECの資料によりますと、ものみの塔協会はRand Cam Engineコーポレーションの株の50%を所有していると言われます。英文資料は次のSECのウェブサイトで読むことができます( http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/922330/0001085037-00-000333.txt)この資料はRand Cam Engine Corpの親会社であるREGI U.S., INCが昨年12月に開いた株主総会に際して、株主に送付したProxy Statement(株主の委任状を得る際に送る会社の概要の説明)の中で詳細に述べられているものです。上の「静かなる嵐」さんの引用のように、この株は以前の最大の株主のJames McCann氏がものみの塔協会に寄付したものだそうです。Rand Cam Engineコーポレーションは各種のエンジンの開発に携わっている会社ですが、1990年代には軍事技術の開発にも加わったことがあると言われています。

最近のRand Cam Engineコーポレーションの株価でものみの塔協会の所有する株の総額を計算すると、それは約235万ドル、日本円にして2億9千300万円になります。これはSECの公開文書を検索してたまたま見つかったものみの塔協会の投資の一例ですが、同じようなケースは他にも沢山あることと思われます。従ってこれらの株式投資から得られる収益や損失も莫大なものであることは推測にかたくありません。

アメリカでは非営利団体が株式の寄付を受け、その取引によって利益をあげることはそれ自体非営利団体の規則違反ではありません。しかし、ものみの塔協会の場合、この事物の体制の商業活動に関わるのを否定し、資金源が純粋に寄付によって成り立っていることを誇りとしてきたことを考えると、Rand Cam Engineコーポレーションのような会社の最大の株主となり、この事物の体制の成功によって(場合によっては軍事活動によって)もたらされた株の値上がりと利益の配当が、協会の資金源になっているという事態は、ものみの塔協会の「建前」と「本音」の隔たりを示す良い例と言えるでしょう。