エホバの証人の子供への差別について−教師の方より

(6-22-01)

 こんにちは、以前メールでお返事をいただいたことがあるものです。 
 私は学校の教師をしていますが、どの学校にも数人のエホバの証人の子供たちがいます。 
 その子供たちを見る教師の目には非常に冷たいものがあります。 
 私は、問題があってその子と話すとき、いけないことではありますが、聖書から引用して、 
 イエス様だったらどうするか、考えるようにしていました。 
 子供には少しも罪がないのに、取り扱いにくいということで、差別的な行いを教師がしてい 
 ることは、恥ずかしいことだと思います。 
 現在、聾学校に勤務していますが、やはり同じ状況です。 
 人としての人権は、最低限守らなければならないのではないでしょうか。特に子供達につ 
 いて。理解できないかもしれないけど、どうか、子供達を温かく見守って欲しいと思います。 
 そんなことを仕事上の経験から考えて、ふとメールを出させていただきました。 

 これからもこのホームページを楽しみにしていますので、これからも、ご家族と共にお元気 
 であるように祈っております。 

《編集者より》
エホバの証人の子供達が、教師によって差別扱いされているとすれば、これは悲しい事態であり、あってはいけないことであると思います。成人のエホバの証人と違って、エホバの証人の子供達は純粋な被害者です。特別な優遇をする必要は全くありませんが、他のどの子供とも同様、人と違うことへの権利は尊重されるべきであると思います。あなたがその子に対して「聖書から論じる」ことが出来ることは大きな助けになることと思いますが、間違うと教室に宗教を持ち込むという非難を父兄から受ける可能性があり、慎重にする必要があるでしょう。