「エホバの証人の姉が支配する実家を救いたい」

(5-23-01)

突然ですが何かてだてがないものかなやんでいます。
私の実家は何代もつづいた旧家です。私は3歳上の姉と二人姉妹で姉が養子縁組をして実家の、あとをつぎ
安心して結婚してでてゆきました。ところが私や母のしらないところで姉はエホバにのめりこんでしまい母と
必死で説得してみたのですがきく耳もちません。今、父が、ガンになりお医者さまから余命いくばくもないと
せんこくされ母と二重のかなしみにくるしんでいます。姉はご先祖様のねむられるお墓を、つぶすとまで言い
病気の父にもしもの事があってもお葬式をしないと言い・・・・”お金のいらない宗教だから本物だ!”と言い
ます。ほんとうにそうなのでしょうか・・・代々実家は、土地屋敷を守るため、出て行く者は財産放棄をして
います。父にもしもの事があったら私も放棄するつもりでした。でももし守りつづけたものが、エホバのもの
になるなんて私には許せません!姉はそんなことはしないと、言いますが・・・信じてよいものでしょうか・・・
姉がどこまでエホバを信仰していてこれからさきどう考えがかわっていくのか、私には想像できません。
反対にいろいろな本をもってきて読むようにすすめてきます。実家を救う方法、お教えください。
お願いします。

《編集者より》
エホバの証人は規則を原則的にはよく守るように教えられていますので、一般的に言ってお姉さんに権利のない財産を自分のものにして宗教活動に使うことは余りありえないと思います。ただし、規則に従っている限り、彼らは自分たちの権利を最大限主張します。従って、もしあなたのお姉さまに法的に遺産相続の権利があるとすれば、それはお姉さんは主張する可能性は十分ありますし、その分をものみの当協会にそのまま寄付しても、何にも規則に違反していませんから、お姉さんも堂々とやるかもしれません。これを食い止めるのに有効な方法があるかどうか、私にはわかりません。お姉さんの夫はこれに対してどういう態度をとっているのかは一つの鍵でしょう。もしあなたの義理の兄がエホバの証人でないのであれば、心配は比較的少ないかもしれません。また、お父様が存命のうちに弁護士を通して遺産の配分をしっかりと決めておくのが一つの方法かもしれません。