エホバの証人から聖書研究の勧誘を受けて

(5-21-01)

こんにちは。アメリカに住む主婦です。
質問があります。一月くらい前にE−MAILの友達の輪というものの会員になりました。
そしてある日、ある日本女性からメールが届き、聖書について一緒に勉強してみませんか?と誘われました。
聖書には興味があったのでその女性とメール交換を始めたところ、彼女が使っている聖書を私にプレゼントしたいと
言い出し、私も特に何も気にせず受け取ってしまいました。聖書の他に本が2冊ほど送られ、それらにはも
のみの塔と書かれています。
彼らはそのようにして信者を集めているのですか?何も聞かずに聖書を受け取ってしまった私も大馬鹿でとても後悔しています。
もちろんお断りしますが、こういうやり方をいつもしているのでしょうか?
お忙しい中恐れ入りますがお返事を下さい。よろしくお願い致します。ありがとうございました。

《編集者より》
エホバの証人はチャンスがあれば、いつでも「証言」をするように訓練されています。もちろん家から家への訪問は最も普通に行われている伝道の方法ですが、その他電話を使ったり、街頭やショッピングセンターや駅などでも盛んに行っている人がいます。インターネットのメールを使う方法はごく最近使われだし、ものみの塔協会はこれを公式には勧めてはいないと思いますが、少数ながらこれを行っている人はいると思います。あなたの遭遇したエホバの証人はそのような一人であったのでしょう。これは普通に行われる伝道方法ではありません。ただ、「聖書について勉強しませんか」と言って誘い、「エホバの証人について勉強しませんか」とは決して言わない所は、共通したやりかたです。ひどいのになると「宗派に関係しない聖書の研究をしませんか」ともってくるのですが、その実、知らないうちに最も宗派(ものみの塔)に関係した研究をさせられるのですから、その点は巧妙な訪問販売も顔負けの、狡猾な売り込みが行われることがよくあります。