日蓮正宗の信者の方よりの質問

(5-5-01)

素朴な疑問です。
1.サタンは神が創ったとすれば、サタンが生まれる前は、神の中に内在したこととなり、
  サタンが悪であるならば、もともと神の中に悪があったことになるのでは、ありませんか?
  だとすれば、神は絶対的な善ではありませんね。

2.仏教では、どのような悪人であっても正境に縁すれば(真実の仏法に縁すれば)死して後、
  いつの日か生まれ変わり、再び、真実の仏法と出会い、救われていくことを説かれていま  
  す。悪はすべて破滅させるという、神は、残酷だと思いませんか。

私は、日蓮正宗の法華講に所属する、****と申します。
明確な回答をいただければ幸いです。

《編集者より》
あなたの質問は、無神論者の質問に似ています。「何故神は何々するのですか」という質問に真に明確に答えられるのは神だけだと私は思います。もし私が神に代わって明確な回答をすれば、それは神ではなく私の頭脳の産物に過ぎないからです。しかし、あなたの質問自体が明確でなければ、たとえ神であっても答えられないでしょう。「神が創ったとすれば・・・神の中に内在したことになり」というあなたの言葉は私には意味をなしません。あなたが何かを創ったらそれはあなたの中に内在したことになりますか。そんなことは一概に言えないと思います。神が誰を破滅させるかは神が決めることで、私はそれが残酷かどうかは一概には言えません。「どのような悪人であっても正境に縁すれば(真実の仏法に縁すれば)死して後、いつの日か生まれ変わり・・・」という教えはキリストによる悔い改めと似ており、いずれも悪人への救済の道を開いていると私は思いますが。いずれにしても、明確な回答は神にお聞きください。