「作り上げられた神について その正体は !!!」−元二世より

(3-23-01)

初めまして管理人様  このサイトを見つけたときびっくりしました
こんなにもエホバの証人のことで考えたり悩んでる人がいると思ってなかったからで
す
そして村本さんのような方がいることをうれしく思います。

この場をかりてエホバの証人の方へいいたいことをいわせてもらいます !!!
僕は今24才の元二世でした ものごころついたころから13才ぐらいまで母親に連れら
れ集会や奉仕活動などしていましたどちらかというと不真面目な研究生でただ母親が
しているからしかたなしにという感じでした  父親は未信者ですが家族にあまり関
心のない人です   僕は12才ぐらいのころにこの宗教にたいして疑問をもち始めま
した 学校でもなじめず会衆のなかでもなじめなくなった僕はしだいになにも信じる
ことのできないなにもやるきのない人間になっていました  そして神様が大嫌いに
なりました。
けれど幼いころからの洗脳というのは怖いものでいまでも神はいるという考えがぬけ
ないでいます。 
 
しかしやはりエホバの証人は他の宗教とくらべても品があると思いますあまり古くな
い時代につくられたからでしょう いいひとも一般人にくらべて多いのはたしかです
 しかしこの宗教も所詮不完全な人間の作った
ものというのを忘れちゃいけないのです 例えばあなたがたが絶対の信頼をおいてい
る聖書にしても
所詮人間の書いたものなんです あなたたちは聖書を正当化しようとおもわせる他の
出版物に惑わされているだけなんです  あなたたちはエホバの証人となのるくらい
なら証人として絶対的証拠を見つけていなければいけません 証拠がないのなら 聖
書研究者 または エホバの広報係 または 神の奴隷 と名前を変えるべきです 
そして他の人に研究を進めるまえにここの管理人様のいうようにあなた自身もう一度
聖書を調べて下さい。

現役証人の方へいくつか質問します聖書や資料はすててないので昔の記憶です間違っ
てたらすみません。


1     エホバと言う名は昔からあるキリスト教のなかで一つもでてこないのに
新世界訳聖書に訳したとき何千とでてきたというのはなぜでしょう。
2     エホバ神はキリストの生まれるまえの時代聖戦として国を滅ぼしてきた
 そう人殺しを許可していたそれは現在の教えではいけないのではないのか 支離滅
裂な神 なぜ。
3     ソドムとゴモラは神の手で滅ぼされた ロトの妻は自分の欲のため振り
返り神の手で塩柱になった   ダビデ王は欲のため人を死においやったが罪を許さ
れ天へいくらしい このきじゅんはなに そして自分のことを棚にあげひとにひとの
罪は憎まずサタンを憎めと言うのか 利己的な神  なぜ。 
4     アダムとエバの子やロトは近親相姦して子孫をふやしている 現代して
はいけないというのは神の言葉でなく人間の発想で現代では奇形児ができるからと人
が かきたしたものではないのか。
5     根本的にいうとそもそも悪の発端はサタンからくるという そのサタン
を作ったのは神ではないのかなぜ完全な神の作ったものが不完全になる 神と悪魔は
一体なのではないのか そうでないならなぜ悪を野放しにする神自身の不始末は神が
解決しなければいけない それをいつまでもしない神は
永遠というものにあきた ただの不完全な生命体なのか。
6     記念式ってなにかわすれたけどたしかイエスがめされたひか最後の晩餐
か??なんかだったきがする神はそういうことは記念にするのに 人々が自分の子の誕
生日祝うのをなぜいけないと言う  親が子の誕生を記念して祝う事のなにがいけない
の???
7          神は罪を許して人を憎まずなのではないのか なぜ人を裁く人を滅ぼす
人を振り分ける 神にとって人は奴隷か家畜か 少なくとも子供だなんて思っていな
いだろう そう神は僕たちを奴隷とよんでいる事はなぜか !  そして気まぐれで自
己中な神が偉大な良い神である絶対的な根拠を教えてください。

この質問に確信のある完璧な答えの出せる人メール下さい !!!  中途半端 な 答えは
いらないです
           sugar-boy@nifty.com    「  M-H  」 までお願いします !

自分でわかんないなら上の方巡回監督なりなんなりこの質問してください何も恐れて
はいけませんあなた方の信じてる神のことです追及しなくてはいけません !!!

頭を軽くして考えてください神というものをあまり美化してはいけません客観的に見
てください聖書と現代のキリスト協 & エホバの証人の教えにはいくつも矛盾があり
ますそしていかに神が自分勝手なやつだと気づくでしょう   映画のセリフでいう
なら    「 神がまだ滅びていないで存在するとしたらそいつはサドで傍観者な悪魔
の父親  !!  」  ってとこでしょう。
 
12才だったころの聖書をろくによんでいない僕でもこれだけ矛盾を見つけてたんです
聖書研究を熱心にしている常識のある大人の方ならもっといろいろ見つけていること
でしょう

聖書研究するうちに少しでも疑問があれば勇気を出して長老や司会者にきいてみま
しょうあなたがたが信頼している兄弟姉妹たちです何も恐れることはないはずです 
  しかしだれも確信を持った答えはだせないでしょう そうですあなたたちにかぎ
らず 宗教 教育 法律 政治 そういったものを教えるとき自分が確信をもった答
えがわからないことを人に押し付ける資格はないんです !!! 押し付けてなくても進
めることもやめて下さい !!!!!  とくになにもわからない子供達は親を信じるしか
ないんですから 人格ができる年までは現代社会に適応できる人にそだててください
!

奉仕活動とかして知らない人助けたいんだったらなにかボランティアをしましょう神
様というものは忘れて人の道徳として恵まれない子供を助けたり障害者の人助ける事
のほうがよっぽど有意義です そういう団体を作りましょう神の名をつかわずともで
きることです 神の名をかざすことで人の道徳を教える宗教なんて古いです なんか
神にこびうってるようにしか見えないです偽善者にも見えます もう一度言います神
は神の名をのもとに行動しなければ機嫌が悪いんですか   きげんをとらないとあ
われな子羊にふりむいてくれないんですか 無視すると怒るような心の狭い方ですか
 ???  なぜみんな神を恐れるんですか ? 全てに平等で寛大な父である神を 。 

 この文を統治体 ? やベテル ? の人見てたら一度みんなで神を試す企画して下さい
神を試すのはとてもいいことだと習った記憶があります    例えば大会や記念式
など何万人の人が同じ時刻に集まるとき一斉に こうお祈りするんです。 
  
「 天におられる全知全能のエホバ神様 今日ここに我々人類が存在することに感謝
いたします 今日は恐れながらあなたを試したいと思います 。 神は偉大で寛大な
人類の父親なのです 神が存在し本物の神であるならば 人のもつ全ての罪を許し犯
罪者も自殺する人も すべてパラダイスへ導かなくてはならない なぜなら 人の罪
を人に許すようおっしゃるのはあなたであり 全ての人に平等とされているのもあな
たであり 全ての悪はサタンというのもあなたである そしてその悪をつくりだした
のもまたあなたである ということです  我々はその不可解な悪といつまで闘わな
くてはならないのでしょう 現代我々はなんの根拠のない紙切れしか信じるものがな
いわけです 願わくば今ココでなんらかの奇跡を起こしてください そしていますぐ
人類全てををパラダイスへ導くか滅ぼすかお決めください  あなたが本物の全知全
能の神であるならできることです それができないのであれば今後我々はあなたの幻
想をいだくことなくあなたのことすべてを忘れこの世と言う世界の中で自由に生きる
ことでしょう 。   今すぐ奇跡を起こしたまえ。  
 この感謝と願いと祈りをあなたの御子イエスキリストの名においてお祈りいたしま
す  アーメン  」

統治体の人ぜひというか 絶対 X 2 やってください神というものを追及するためにも
 証人としての証拠をえるためにも迷える子羊をすくうためにもやる必要があります
!!!!!  何も起こらなければエホバの証人と言う団体は解散して神の名を掲げない
善良な市民のボランティア団体にでもなってください良い行いをするのに聖書も神の
名も必要ないでしょう !!!       この企画をするだけで全ての人の幻想が振
り払えるんです    これをしたところで何もおきないでしょう   けどすごく
すっきりしますよ 他の宗教もこういうことをすべきです いんちきトリック無しで
 !!!  自分の神を信じるなら      そしてルーズで傍観者な神にあきれて
ください神はいないということを確信してください。   

最後にもう一度 それでも神を信じる人へ あなたには神の作るパラダイスは必要か
考えて下さい 神は昔パラダイスを作ることにしっぱいしている それは偶然か故意
なのかしらないけど 聖書によると事実だ そして次の統治のときにまた人をふるい
わけるといっている なぜ 神なら寛大な心で人の罪をゆるせるはずじゃないのか 
 神から見てひとはただの少し知恵のある動物 家畜にすぎないのかも 作るだけ
作って手の上でころがしてひまつぶしに眺めてるだけ........
あなたは自分勝手な神の先の見えないパラダイスなんて必要とするのですか ? 神の
奴隷になりますか ?
永遠なんてたいくつなもの  きっと神様もあきあきしてるんでしょう 
...............................
<後略>

《編集者より》
あなたの意見と質問は確かにエホバの証人へ向けられたものですが、あなたの疑問はエホバの証人に留まらず、他の聖書の神を信じるキリスト教徒にも向けられています。私はたまたま神を信じているものですが、あなたのあげられた疑問はよく理解していますし、あなたの見方を否定するつもりはありません。ただあなたの心の中にある「神」は、あなたも書いているようにものみの塔が「作り上げた神」に基づいているのではないでしょうか。「人類全てををパラダイスへ導くか滅ぼすか」の二者択一の決定を下す神は、ものみの塔の神の典型であると思います。しかし、ものみの塔の外で神を信じる人々の「神」は、人によって一人一人大きく異なっており、ものみの塔が作り上げ、エホバの証人が信じるように教えられた神とは違っているかもしれません。従ってあなたの「神」への批判はエホバの証人の神にはあてはまっても、他の人々の神には当てはまらないかもしれません。

私自身は、神に対する人間の見方は時代と文化によって変化してきており、今後も変化するものと思っております。聖書は古代の人間の手によって書かれた神話、文学、歴史書、規則の渾然とした本です。古代人の限られたものの見方により、聖書にはあなたが書かれたような、多くの矛盾があることも私は知っていますし、その聖書を現代に勝手に自分の都合のよいように解釈して、自分なりの神を作り上げてきた人々が、ものみの塔に限らず常に存在してきたことを認識しています。また私が神を信じるのはパラダイスを望んでいるからでも、滅びを恐れるからでもありません。私にあるのは、神への愛と感謝の気持ちが主体です。私は無神論者の見方を尊重し、彼らを非難したり説得するつもりはありませんが、無神論者も神を信じる者を尊重すべきであると考えています。無神論者も神に対する一つの確固とした見方を持つことで、一つの宗教と考えることもできるでしょう。私は全ての宗教の異なる人々が互いを尊重しあいながら平和共存することを願っています。