「エホバの証人は愛を実践している」−現役証人より

(3-15-01)

私は現役のJWです
たまにホームページを見させていただいてます。
でもエホバの証人情報センターって名前にしては批判が多くありませんか。
エホバの証人は悪いことしかしていないのでしょうか。間違いだらけなのでしょうか。たまには良いこともかかれてはどうでしょうか。
確かに指摘されるとおり組織に不完全な部分があると思います。
でも、人はみな不完全なのではないでしょうか。人間の組織で完ぺきなものがあるのでしょうか。
聖書によるとイエスの弟子である証拠は完全さでなく、愛です。
残念ながらあなたはエホバの証人に完全さを求め、論点がずれてます。
多分あなたが満足するような組織になれないと思います。
ぜひ これからは組織構造に目を向けるのではなく エホバの証人が愛を実践しているかどうかしらべて見てください。

《編集者より》
私はエホバの証人に完全さを求めていません。完全さを求めるのはものみの塔であり、エホバの証人以外の人々の不完全さを常に問題にし、そのためにエホバの組織により頼ることを教えているのではありませんか。その意味では、ものみの塔こそが、エホバの証人以外の世間一般や、他の宗教に完全さを求めているのだと私は思います。ものみの塔誌や目ざめよ誌を開いて見てください。世の中の暗い悪い話ばかりを取り上げています。あなたは他の宗教で起こった善いことを取り上げた記事を見たことがありますか。「人はみな不完全なのではないでしょうか」というあなたの言葉には、全く異論はありません。私も人間の組織で完全なものはなく、全てはみな不完全であると思いますし、従って私はそのような組織を求めてはいません。

あなたにそれでは質問しますが、ものみの塔の組織は不完全な人間の組織であることをあなたは認めるのですね。それではものみの塔はそれでも「エホバの唯一の地上の組織」なのでしょうか。それとも不完全な人間がやはり不完全な考えで勝手に不完全な(偽りの)看板を作っただけなのでしょうか。

エホバの証人の間に愛があることは否定しません。しかし、愛は他の組織、他の団体、他の宗教にも同じようにあります。逆にエホバの証人の間に強い憎しみがあることも確かです。元証人、特にものみの塔に賛成しない人々への憎しみは、他の組織の「裏切り者」に対する憎しみと同じかそれよりも強いものがあります。そのような中でエホバの証人だけが愛を実践しているとどうして言えるのでしょう。エホバの証人の中で確かに愛を実践している人はいます。しかし、エホバの証人の外で同じように、あるいはそれ以上に愛を実践している人々がいることを、あなたは素直に目を見開いて認識してください。