協会はコンピューターを持つ証人を調べているか

(3-6-01)

<前略>
・・・・ 引越しの際に、父のファイルをちょっと覗いたのですが、そこでコンピュー
ターを持っている兄弟姉妹の名前を見ました。父はそんなことを調べているのでしょう
か。それは父が単独で行っていることでしょうか。それとも協会の支持なのでしょうか
。編集者様はそんな情報を耳にしたことがありますか。ちょっと不気味です。もし本部
のパイプから調査できるようでしたらどうか調べてみて頂けませんか。そしてもし本当
にものみの塔協会が調査しているようでしたら、ニュースとしてみんなに知らせてあげ
てください。審理問題のごたごたは私たちには恐怖だからです。
<後略>

《編集者より》
この方はお父様が長老のようですが、私の知る範囲ではコンピューターを持っている兄弟姉妹を調べるということが、長老の間で系統的に行われているという話は聞いたことがありません。こちら、アメリカでは兄弟姉妹同士の伝達手段としてインターネットが広く使われるようになり、電子メールによる伝達系統を作るために、インターネットを使っている兄弟姉妹のリストを持っているエホバの証人は普通にいます。もちろん、ご存知のように協会はインターネットの使用を余りよく思っていませんから、インターネットを公式の伝達手段として使っていることはまだないと思いますが、私的にインターネットで伝達しあっているエホバの証人の数は急速に増えているので、コンピューターを持っている兄弟姉妹のリストがあっても不思議ではありません。また協会のCDの配布もコンピューターを使うかどうかによって決まるので、その点でもリストは必要でしょう。私はこの点は余り神経を尖らせることはないと思います。

そのようなわけで、あなたの先に送られた投稿を公表しても危険はないと思いますが、もしよろしければご一報下さい。あなたの投稿はきっと読者の方々の役に立つと思います。