エホバの証人を愛する大学生より

(11-22-00)

 初めまして、俺は今理工学部の大学生です。俺はあるきっかけで告白をして付き合っ
た人がいたのですが、その後すぐに相手が、自分がエホバの証人だと言うことを俺に
話してくれました。その時にエホバの証人がしてはいけないことなどを少しだけ聞き
ました、結婚をするまでは性的な関係を持ってはいけないこと、輸血をしてはいけな
いこと、特に輸血に関してだけはその時に何故なのかを聞きましたが納得するような
答えは返ってきませんでした。俺が聖書に通じていなかったので深く聞けなかったと
言うこともあります。ちなみに他のことは、聖書に書かれている教えのようなものは、
ほぼ自然に納得できました。そして、それと同時に彼女が、自分の身近に起きている
出来事で、すごく苦しんでいる事と、今まで自分が小さい頃から苦しんできた事を全
部話してくれました。それはエホバの証人とは全く関係のない個人的な苦しみです。
その後も2回ほどですが、直接会ってエホバの証人のことについていろいろ聞いてみ
ました、特にエホバのことについて解らないことを俺は聞いてみました。その時、精
神的にも弱っていた彼女は少し揺らぎ、「私のしてること間違ってるのかな?」と言
いました。でも俺は輸血のことは疑問に思っていましたが、人の信じていることに絶
対正しい、絶対正しくないということはないと思うので、その時は「間違ってるとは
思わないけど」と答えてしまいました。しかし、その後ほとんど何もしないうちにメー
ルの交換などだけで時間が過ぎ、一ヶ月後に俺は彼女から別れて欲しいという手紙を
もらいました。理由は他に少し前から好きな人がいて、その人が忘れられないのに俺
と付き合うのは自分が許せないと言う理由でした。俺に自分のことが話せて救われた
とも言っていました。別にその人に告白したいとかそういう好きだという気持ちでは
ないと、むしろ今の友達として楽しい関係を壊したくないので、そういうことはしな
いと言っていました。その理由は事実のようです。しかし言ってみれば彼女は頼る人
が欲しかっただけと言うことです。もちろん普通、他人に話せないような苦しみを話
して頼ってくれたことは今でも嬉しかったと思っています。それでもひどくショック
で苦しみました、けれど、それ以上に彼女が人の気持ちが解らないということを悲し
く思いました。その理由も俺は十分に解っていたからです、彼女はずっとつらい苦し
みと共に生きてきて、そしてエホバの証人として生きていたので、人と深く関わる機
会がなかったのだと思います。自分だけで精一杯で人を見る余裕がなかったのだと思
います。それは全部彼女は意識していなくても、彼女が俺に伝えてきたことです。そ
れから友達として今はいるわけですが、このサイトを見つけてからエホバの証人につ
いての良いことも、そうでないこともたくさんの事が解り、疑問に思うことがありま
す。彼女は五歳から母親と共にエホバの証人としてなるべく育てられ、中2の時に洗
礼をうけたそうです。自分でも初めは信じられなかったが、だんだんと信じられるよ
うになったと話していました。俺にそういうことを話しくれるのですが、エホバの証
人は本来証人でない人物とは恋人のような関係になってはいけないのですよね?少な
くとも組織側にしれたら問題にはならないのでしょうか?それくらい彼女は弱ってい
たと言うことでしょうか?その事が心配です、よけいな気を使わせたくないのです。
それと俺は今本当に聖書を勉強したく、彼女に協力してもらっています。もともと、
自分で生きることは何かという疑問は常にあり、聖書も読んでみたいとは思っていま
した。彼女はすぐに、俺の担当地区の証人を紹介して、その人に聖書について解らな
いことを聞いて欲しいと言っていました、特に輸血と献血のことについて。しかし、
俺はまず聖書を読んでみて、それから解らないことを聞くのが相手にとっても失礼に
ならないことだと言って、彼女が、半ば強引に取り次いでくれたその人を断りました。
俺は今、真剣にエホバの証人になる努力をしてみようと思います。悲しいか、悲しく
ないかは自分でも良く解りませんが、俺はそんな苦しんでいる彼女のことを本当に愛
してしまったようです。だから彼女に好きになってもらえなくても、彼女のいらない
苦しみを取り除いてあげたいのです。彼女が幸せになれるように、本当にまわりの人
のことを見る事ができるくらいの余裕を持たせたあげたいのです。俺にとって今救い
なのは、彼女の信頼を得て、気持ちのやりとりのできる会話ができることです。怒り
でも、なんでも、感情をお互いにぶつけることのできる仲にあることです、彼女は今
はそれを拒否したりしません。しかし、思えば彼女が「私のしていること間違ってい
るのかな?」と言っていた時に、もっとエホバの証人について解っていれば、彼女が
余計な苦しみを受ける可能性を取り除いてあげられたかもしれません。今彼女は精神
的に立ち直っていて、またエホバの証人という自信となる源を持っているので、そう
そう決意を揺るがすことはできないかもしれません。だから俺は自分で証人に深く関
わってみようと思います。洗礼はここのサイトに書いてあるように、自分でも納得で
きない事も誓わなければいけないので、受けないかもしれませんが、少なくとも誰よ
りも熱心に’エホバ’の奴隷になるべく’聖書により’解る努力をするつもりです。
そして、その上で解らないことがあればエホバの証人の方々に真摯な態度で問いかけ
ていきたいと思います。実際エホバの証人の方々は苦しんで、救いを求めて信じてい
る方が多く、人間的にも良い人の方が多いと思います。だからせめて愛する人だけで
も、もし間違っているなら、それを伝えていきたいと思います。エホバの証人をやめ
ろと言うつもりはありません、ただ人間の組織としての間違いを解って欲しいと思い
ます。実際俺自身も、エホバに関しては正しいことの方が多いと思っています。ただ
人間が不完全な存在である以上、この世界では人が人に正しいことを教えるというの
は無理だと思っています。あくまでも自分から知りたいことを相手に尋ね、教わり、
それを自分の意志を持って良く考えた上で得たことが、正しい事となりえる可能性が
あると思います。もちろん聖書についても同じだと思っています。それが人間だけに
与えられた、エホバからの贈り物である自由意志であり、アダムとイブは間違ってし
まったかもしれませんが、エホバも、愚かな行為をする可能性のある自由意志だとは
解っていても、人間を愛し、信じているからこそ自由意志を与えたのであり、自由意
志を用いて、自らエホバの意志を解るようになってくれることを期待しているのかも
しれませんね。長いメールになってしまって申し訳ありません。重ねてお礼を申し上
げます、村本さんには本当に感謝しています。簡単に聖書の言葉を使ってはいけない
のかもしれませんが、きっと村本さんがなさっていることも、俺がこのサイトで村本
さんと会うことができたのも、神による聖霊の力が働いたのかもしれませんね。俺は
神や聖霊のことをなんとなくですが信じています。自分の気持ちにある良心だと思う
気持ちは、誰にそうしろと教えられたわけではないのに、そうせずにはいられないか
らです。本当に多くの情報を提供していただきありがたく思います。これからも頑張っ
てください。

《編集者より》
原則的に言って、エホバの証人がエホバの証人以外の人と恋愛関係に入ることは是認されません。従って、ほとんど例外なく、エホバの証人は未信者の恋愛相手をまずエホバの証人にしようと努力します。エホバの証人との恋愛関係で悩んでいる人は、この読者の広場に投書してきた方々だけでも沢山います。あなたはその人たちと共通の課題に悩んでいるように思います。それはエホバの証人の相手を愛しているのに、真に心を通い合わせることができない、そしてそれがなぜだかわからないという問題です。そのためにあなたと同じように、それらのうちの多くの人々がエホバの証人について研究し、ある人はついにエホバの証人になってしまいます。たとえば、「結婚が目標でエホバの証人になるのはやめましょう」−元エホバの証人よりの投書にはその問題点がよく指摘されています。あなたの相手を理解したい、相手を助けたいという純真な動機はよく理解できますが、エホバの証人になるということはそれを更に超えるあなた自身の大きな係わり合いなのです。それはあなたの人生全体をエホバに(いや実際には組織に)捧げることです。彼女の問題も重要でしょうが、この決断で最も大事なのはあなた自身の人生全体です。あなたはまだ若い大学生ですから、今後様々なことに有意義に人生を送ることができる可能性を秘めています。エホバの証人になることもその中の一つと考えるかも知れません。しかし一つだけあなたに知っていただきたいのは、エホバの証人になるということは単にどこかの教会に首を突っ込んだり、クラブ活動に参加するのとは全く次元の違う参加であることです。あなたがエホバの証人になることは、たとえバプテズマを受けなくとも、あなたの人生の一部に取り返しのつかない穴をあける可能性があるのです。それは、この読者の広場の多くの方々の体験に語られている通りです。くれぐれも元エホバの証人の人々の忠告を聞いて彼女の問題とは切り離して、あなた自身の問題としてしっかりと考えて下さい。その上でなおエホバの証人になりたいと思うのでしたら、それはあなた自身の決断であり、私はそれ以上申し上げることはありません。しかしどこまで行くとしても自分自身の良心の自由を失うことのないように、そのことだけは忘れないで下さい。