エホバの証人はカラオケを禁止しているかについてのお答え−奉仕の僕より

(8-26-00)

こんにちは。
エホバの証人はカラオケを禁止していますか(07-18-00) 
の質問を見ましたので、エホバの証人の現状を認識してい
ただきたく、日本にいるエホバの証人としてお答えしたいと
思います。

私は何度かこのHPにメールも出している現役のエホバの証人
です。エホバの証人の2世として15年以上会衆に交わっており、
今でも奉仕の僕として普通にやっています。

と、この質問を出された方に私について安心していただくため
上記のことを書きました。インターネット上での情報は常に
信頼するのに危険が伴いますので、私がこう書いてもあまり
効果はないかもしれませんが。

さて、ご質問の件ですが、まずエホバの証人はカラオケを禁止
などしていません。これは、きっぱり言うことができます。事実、
エホバの証人でカラオケが大好きな人はたくさんいますし、私
自身そのような人とカラオケにいったこともあります。ベテル
(日本のエホバの証人の活動の一切を取り仕切っている海
老名市にある機関。ここで働く人は他の人から模範的な兄弟
とみなされている必要がある)にも私の知り合いでカラオケ
好きの兄弟はいます。

ちなみに私はカラオケはそんなに好きではありません。歌が
そんなに(と言いますか、全然)うまくなく、カラオケみたいな
自分が歌うパートの音がでない歌だと音程を取りつづけるこ
とがほとんどできないのです。別にこの際そんなことどうでも
いいのですが。

しかし、この質問をされた方の母親の姉妹は、カラオケに行く
のを良くないと考えておられるようです。実は、この考え方も
エホバの証人の間ではそれほど珍しくありません。先ほど述
べたことと矛盾すると思われるかもしれませんが、そうではなく、
地域や場所によって見方が異なるということなのです。これは、
カラオケに関してエホバの証人の公式の見解はないことの証拠
でもありますが、特に都心部から離れるほどカラオケを良くない
とみなす傾向が強いように思われます。私の以前いた会衆は
そのような雰囲気がありましたし、また、エホバの証人の昔気質
の保守的な人の中にも、そのような人はいます。

結局のところ、エホバの証人の公式の見解としてカラオケが
禁止されているわけでも何でもありませんが、各家庭で細かな
物事の基準が異なるように、それぞれの会衆の雰囲気で、ある
会衆は、カラオケはエホバの証人がすることとして模範的では
ないと言う暗黙の見方ができあがっており、あなたのお母様の
おられる会衆もそのような見方をもっていると考えられます。

お母様もバプテスマを受けて、一研究生から、1人の「エホバの
証人」になったので、模範的ではないとみなされる娯楽にわざ
わざ携わろうとはしなくなったと言うのは十分考えられます。
バプテスマを受けてからは、今度は神のみ名を背負った僕として
歩むので、下手なこと(他の人から非難されかねないこと)は
できないとして、融通がきかなくなることもあるでしょう。

エホバの証人にとって、バプテスマを受けると言うことは、ちょうど
未成年から成人するような意味を含みます。それは、自分のする
ことにエホバの証人としての責任を持つことが要求されるように
なるからです。

家族でカラオケに行くと言うのはとても健全なことだと思います。
学生によるカラオケハウスでの犯罪が聞かれたりもするので、
エホバの証人の中にはそういうところとは関わりたくないなどと
考えている人もいるかもしれません。でも、エホバの証人がカラ
オケに行くことはよくないわけではありません。このメールなども
通してそのことをお母さんに知らせて、安心させてあげてください。

おせっかいかと思いましたが、家族がエホバの証人になることで
かえって家族の仲が悪くなったなんてことがあってほしくないと思い、
メールを出させていただきました。

《編集者より》
詳しい説明をありがとうございます。私もエホバの証人の社会でカラオケが禁止されているという話は聞いた事がなかったので、あなたの説明のように理解していました。ただあなたも認めていますが、エホバの証人の中にそのような傾向があることも確かのようです。規則ずくめで人の行動を縛って批判することに躍起となるエホバの証人が減っていくことを望んでやみません。