エホバの証人の友人との交際について

(6-25-00)

私の友人は、母親に生まれた時からマインドコントロール
されており、兄弟全員が証人です。
友人は、べテルで奉仕していますが、厳しい掟に疲れてい
るようでもあります。
本人も「視野がせまくなる」と言っており、しかし20年以
上証人であること、母親にべったりであることなどで、自
分にはこれしかないと思ってしまっているようです。
「厳しいけど、聖書にかいてあるから」と言って、涙を流
しながらも掟をまもろうとしています。
私は、止めさせようというのではなく、もし疑問に思う事
があるのなら、母親に聞くのではなく、自分で調べたら、と
友人に伝えたいのです。
母親によって私たちの交際は禁止されており、私から連絡
があると、母親にすぐコンタクトをとるように友人はマインド
コントロールされています。
無駄な努力且つ、余計なお世話なのかも知れませんが、友人
に、自由になってもらいたいのです。
証人であるための掟が、友人にとって手械足枷になっていると
しか思えませんので。

この件について、何かアドバイスがありましたら宜しくお願い
致します。

《編集者より》
この友人があなたとの連絡を拒否しているとすると、あなのできることは非常に限られているでしょう。あなたが書いた手紙は母親が開けるのでしょうか。友人の別の住所、電話はないでしょうか。いずれにしても、母親の干渉できない所で、あなたと友人とでゆっくり話し合う事がまず第一歩であると思います。